「好きな人とうまく話せない…」そんな悩みを解決する簡単テクニック10選

cconversation

Pocket

好きな人とは1分1秒でも長く一緒にいたいと思うでしょう。

少しでも一緒にいるためには、楽しい会話が必要不可欠です。

しかしいざ好きな人を目の前にすると何を話していいのかわからず、会話が続かないという人もいるのではないでしょうか?普段はお喋りな人でも、好きな人の前だと緊張してしまってついつい無口になってしまうという人はいませんか?

そんな人のために、今回は好きな人と上手く話すテクニックをご紹介します。「好きな人と上手く話せない……」という人の悩みも、これで解決です。

            電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

1.状況別、好きな人とうまく話すテクニック

世の中にはさまざまな人がいて、好きになる相手も千差万別です。

まずは相手がどのような人かを見極め、その人に合わせた会話術を使っていきましょう。

1-1.相手が無口なタイプ

close相手が無口なタイプであれば、まずはイエスかノーで答えられる質問から始めてみましょう。

「スポーツはやりますか?」とか「旅行は好きですか」というような質問です。

無口な人は考えていることが読めず「ひょっとして嫌われているのかも」と思ってしまう人もいるでしょう。

しかしただ会話をすることが苦手なだけで、話しかけられても上手にそれを表現できないだけという人もいます。そういった人にはまず相手のペースに合わせて、簡単に会話のキャッチボールが成立する質問をぶつけてみましょう。

徐々に会話に慣れて相手の警戒心が解けてきたと感じたら、オープンクエスチョンに切り替えます。オープンクエスチョンとは「何のスポーツをするんですか?」とか「今までどこに旅行に行きましたか?」など、イエスやノーで答えられない質問です。オープンクエスチョンで答えてもらうことにより、話を繋げるきっかけになります。

1-2.相手がおしゃべりなタイプ

laughing相手がおしゃべりなタイプであれば、あえて相手に話をさせるのがいいでしょう。

特に女性はただ聞いてもらいたいだけということが多いため、無理に話をしようとするよりも聞き役に徹した方が良い場合があります。

それでも自分の意見を全く言わないと自分が辛くなってしまうため、相手が55パーセント、自分が45パーセントほどの比率で話すようにするといいでしょう。

2.話題に困ったときに使えるトーク例

話をしているうちに話題が尽きてしまうということはよくあります。そんなときに使える話題をまとめてみました。

2-1.趣味の話題

soccer趣味の話題は会話に困ったときの基本中の基本です。

もしそこで共通の趣味が見つかったら、共通の趣味の話題で盛り上がれる可能性もあります。好きなものが同じであれば、会話も広げやすいでしょう。

ただ相手が男性の場合素直に「趣味は何ですか?」と聞くのではなく「この間こういう映画を見て、すごく面白かった。あなたには好きな映画や趣味はありますか?」と、最初に自分をオープンにしましょう。男性は自分が好きなものに共感してくれる女性を好みます。

女性の場合は好きな話題が出るとスイッチが入るため、まずは趣味を掴み、あとは聞き役に徹するのが効果的です。

2-2.出身地の話題

map話題に困ったときには、出身地の話題を持ち出すのも効果的です。

ありふれている話題ですが、出身地がない人はどこにもいないため、気軽に話を始められます。

自分の出身地であればすぐに話ができますし、相手の出身地を知っていれば「何々で有名ですよね」「この前旅行で行きました」と会話を広げられます。たとえ知らなかったとしても「何が有名なんですか?」と相手に質問をするきっかけにもなります。

また相手の出身地も同じであれば、自分たちしか知らないローカルな話題で盛り上がれる可能性もあります。

2-3.流行の話題

music今流行っているものやアーティスト、ニュースなど、毎日テレビで見るような流行の話題も、話が途切れたときに便利です。

さほど流行に敏感でなくても、毎日テレビで見ているような話題であれば、相手も食いつきやすいでしょう。

ただ流行にさほど敏感ではなくても、話題作りのために普段から情報収集をしておくことは大切です。テレビや雑誌、インターネットなどで異性の間に今流行しているものなどを調べておくのもいいでしょう。

2-4.失敗談や経験談

mistake自分が思わずやってしまった失敗談や、今まで自分がしてきた経験談なども話題作りにいいでしょう。

失敗談は面白おかしい笑い話にしてあげると、相手に好意を持ってもらえます。

また相手の経験していない経験談や、その仕事をやっているからこそわかる話などは盛り上がります。相手が興味を持ちそうな経験談や失敗談を探しておきましょう。

2-5.ネガティブな話題

基本的に好きな人との会話では、ポジティブな会話が望ましいですが、ときにはネガティブな話題を持ち出してみましょう。ネガティブな話題で共感して、距離が近づくこともあります。ただし言いすぎは禁物です。あくまで「軽く、楽しく」を心がけましょう。

3.「話せない」をあえて効果的に使うワザ

上記のどれも上手にできそうもないという人もいるでしょう。

しかしそういう人でも好きな人に好意的に見てもらう方法はあります。それは上手く話せないことを逆手にとり、それを効果的に使う方法です。

3-1.とことん聞き上手になる

listening好きな人相手にどうしても上手に話せないという人は、あえて聞き役に徹し、聞き上手になるという方法があります。

人は自分の話を誰かに聞いてもらい、共感を得たいと思っています。そのため、話をよく聞いてくれる人に対して好感を持ちます。

しかしただ聞いているだけでは、効果はありません。大切なのは聞いたことに対して確認をすることです。

「それってこういうことだよね?」と相手の言ったことを繰り返すようにして確認をすると、相手は「この人は話をきちんと聞いてくれている」と思います。きちんと目を見て、仕草などでも「聞いている」ということを表せば、相手からの信頼も得られるでしょう。

無口なのはマイナスではありません。かえっておしゃべりな人は信用できないと思われることもあります。口下手な人は無理に話そうせず、相手の話をしっかりと聞いてあげましょう。聞き上手になるためのポイントさえ押さえておけば、相手が自分から話をしてくれるでしょう。

3-2.沈黙でドキッとさせる

woman沈黙が気になって何とか会話を繋げようとする人は多いですが、あえて沈黙でドキッとさせるのも1つの方法です。話題がなくなって沈黙の時間が訪れたら、じっと相手の目を見つめてみましょう。

自分のことを意識してもらうには、黙って相手の目を見つめる方法はかなり有効です。

また沈黙の時間があっても気にならない、沈黙の時間でも安心できると思ってもらえれば、関係が発展する可能性は高くなります。沈黙になったからといって、無理に話題作りをするのではなく、ときには沈黙を利用して相手を落としにかかってみましょう。

3-3.緊張していることを隠さない

couple「好きな人と話ができない」という人は緊張していることが多いのですが、緊張していることを隠す必要はありません。

普段通りの自分をアピールすることはもちろん大切ですが、普段とは違う自分でも十分アピールになります。

普段すらすらと話をする人が自分の前では緊張しているのを見ると、相手は「ひょっとして自分のことを意識しているのかな?」と思います。

そういった特別感を抱かせるには、あえて緊張している姿を見せるのも効果的です。

4.おわりに

いかがでしたか?「好きな人を相手にすると話ができない」という人は、ぜひ実践してみてください。

相手との距離がぐっと縮まるかもしれません。

Pocket

KOMBUCHA生サプリメント