かけるタイミングは?頻度は?内容は? 好きな人との電話で注意すべきこと

calling

Pocket

電話は人と人の距離を縮めるコミュニケーションツールです。

特に好きな人と電話をするのは楽しいですし、いつまでも話をしていたいと思うでしょう。

しかし電話では声を聞くことはできても、顔を見ることはできません。そのため顔を合わせて話をするよりも誤解を生みやすいツールでもあります。電話での話題やかける頻度などを間違えると、相手に嫌われてしまう可能性もあります。

では好きな人と電話をするときには、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?

今回は好きな人と電話をするときの注意点や、話を盛り上げるための話題などをご紹介します。これで好きな人の心を一気に引き寄せましょう。

            電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

1.好きな人と電話したい!と思ったら

好きな人と電話をしたいと思っても、ただかけるだけではダメです。

電話では相手のことを気遣ったタイミングや頻度、話し方などが大切です。

1-1.ベストなタイミング

clock電話をかけるベストなタイミングは、相手が電話を取れる時間帯です。

そうは言っても、好きな人のライフスタイルを完璧に把握している人は滅多にいないため、常識で考えて電話に出られないと思われる時間帯は電話をしないようにしましょう。仕事中はもちろんですが、朝早くや夜遅くの電話も相手にとっては迷惑になります。

ベストなタイミングに電話をかけるためには、電話番号を交換したときに前もって電話を取れる時間帯を知っておくことです。電話をしていい時間帯を知っておけば、相手の迷惑にならない時間帯に電話をかけられます。

また相手が電話に出たとしても、今電話をして大丈夫かどうかはきちんと確認しましょう。誰かと一緒にいるかもしれませんし、大切な用事の最中かもしれません。

もし相手に用事がある場合には、そちらの用事を優先してもらうようにします。

1-2.ベストな頻度

dial好きな人に電話するベストな頻度は、大体1日から3日おきほどです。

特に男性の場合は連絡無精の人も多く、毎日のように電話が来るとうっとうしく感じてしまうものです。相手に負担をかけず、電話に出てもいいと思える頻度で連絡をするようにしましょう。

もし相手が電話に出なかった場合「出られない状況なんだな」と思って、潔く待つようにしましょう。あまり何度も着信を残してしまうと相手が重く感じてしまい、嫌われる原因にもなります。

もし連絡を取りたいのに電話に出なかった場合は、メールなどで軽く連絡を入れる程度にしておきましょう。

1-3.ベストな話し方

calling好きな人と電話をするときにはなるべく明るいトーンで話すことと、相槌の打ち方を工夫するという2つのポイントがあります。

電話は顔が見えないため、相手の声で気分を判断しなければなりません。そのため声や話し方が何より重要になります。

声のトーンが高く明るいと、相手は「自分の話を楽しんでくれている」と思います。逆に低いトーンであれば「ひょっとしてつまらないのかな?」と思って、相手を不愉快にしてしまう可能性があります。

もし明るいトーンで話すのが苦手なら、笑顔を作って話すようにしましょう。笑顔になっていると、自然と声のトーンも上がります。

また相槌はただ「うん」と打っているだけだと、聞いていないのではないかと思われることもあります。「うん」だけではなく、ときどき「そうなんだ」とか相手の言ったことを繰り返すなど、相槌の打ち方を工夫しましょう。

1-4.ベストな切り方

hangup電話のベストな切り方は、長電話にならない程度の長さで切ることです。

特に女性は長電話が好きですが、男性は電話が好きではない人が多いです。そのため意味のない長電話は苦痛になることがあります。

ただ男性も女性も、気になる人の長電話にはなるべく付き合ってあげたいと思っています。負担をかけないため意味のない長電話はNGですが「もっと話していたい」ということを伝えるのは、効果があります。

切るときには「もっと話していたいけど、明日も仕事だと思うから切るね」といった感じがベストでしょう。

2.好きな人との電話を盛り上げる話題例

好きな人との会話は盛り上げたいものですが、いざ話すとなると何を話していいかわからないということはないですか?

そんな人のために、電話で話すときの話題をまとめてみました。

2-1.目に入ったものを話題にする

smiling目に入ったものを話題にするのは、最も手っ取り早く簡単なものです。

例えばコンビニのお弁当を食べ終わってから電話をしていた場合「さっき食べたコンビニのお弁当が」という話題作りができます。

ほかにも自宅にいるならテレビや机、最近買った雑貨など色んなものを話題にできるでしょう。

2-2.趣味の話題

bookもし趣味が同じなら、趣味の話題を出せば盛り上がります。

また同じ趣味であれば一緒に趣味の時間を過ごす約束なども取り付けやすいです。

たとえ趣味が違っていても、好きな人の趣味なら気になって調べるという人も多いでしょう。自分の趣味がわかってそれに理解を示してくれているのが伝われば、相手からの好感度もアップします。

2-3.仕事の話題

working電話での仕事の話も盛り上がります。

仕事は人のライフスタイルの中心ともいえるもののため、話題としては事欠きません。

仕事での失敗や愚痴などをお互いに言い合い共感できれば、2人の仲は進展していると言えるでしょう。

3.電話なら聞ける!? 恋を発展させる質問

緊張して顔を合わせて聞けない質問も、電話なら聞けるという人はいるのではないでしょうか?

ここでは電話で聞いておきたい、恋を発展させる質問をご紹介します。

3-1.「私のこと、異性としてどう思う?」

questionストレートに自分のことをどう見ているのかを聞くのは、恋を発展させるために有効な質問です。

非常に勇気のいることかもしれませんが、まずは相手に自分を異性として意識させることが大切です。

そのために最も効果的なのが恋愛の話です。

特に友達感覚で接するほど仲が良くなってしまうと、男女ともに異性として意識することが少なくなってきます。異性として接してもらうためには、ストレートな聞き方が最も効果的です。

3-2.「恋人はいるの?」

couple恋人がいるのかどうかも、ストレートに聞いてしまうのがいいでしょう。

前述したように恋愛の話を持ち出すと、相手は自分のことを意識するようになります。

恋人がいるのかをストレートに聞くことで「恋人がいるのかを気にしているということは、自分に気があるのかな?」と思うようになります。

3-3.「好きなタイプは?」

smile好きなタイプを聞くことも恋を発展させるのに有効な質問です。

これも前の2つと同じように恋愛の話であるため、相手に自分を意識させることができるでしょう。

もし自分が好みのタイプに当てはまっているようであれば、期待大です。

4.好きな人から電話がかかってくるおまじない

好きな人から一向に連絡がないというときには、電話がかかってくるおまじないをかけてみましょう。

好きな人から連絡があるかもしれません。

4-1.5151メール

mail5151メールは好きな人から連絡があるおまじないとして、女性の間では有名でしょう。

自分宛のメールの1行目に好きな人のフルネームを、2行目に5151と数字を入力し送信します。メールを受信したら、受信したメールは削除して、送信したメールだけを残しておきます。

5151という数字は「恋」と「来い」にかかっています。もし相手から連絡があったら、送信メールは消すようにしましょう。

4-2.ハート型の雲を待ち受け画面にする

heartハート型の雲を待ち受け画面にしておくと、相手からの連絡があるというおまじないがあります。

携帯電話やスマートフォンの画面は運気の入口であり、待ち受け画面を運気が上がるものに設定しておくと幸せが舞い込んできます。

ハート型の雲の画像がない場合には、ただのハートの待ち受け画面でも大丈夫です。

4-3.不要な連絡先を削除する

delete不要な連絡先を削除すると運気がアップし、幸せが舞い込んでくるとされています。

もしすでに過去の人になっている人物の連絡先が残してあるのなら、思い切って消してしまいましょう。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか?電話は便利なコミュニケーションツールです。恋愛にも目一杯活用していくようにしましょう。

Pocket

KOMBUCHA生サプリメント