スマート女子はこうする! カドが立たない告白の断り方

sorry

Pocket

付き合う気のない相手から告白されて、断り方に悩む女性も多いと思います。

不用意な言葉で相手の心に深い傷を負わせてしまうと、お互いに気まずさが残り、その後の関係がギクシャクしてしまいます。

好きだという気持ちを正直に伝えてくれた相手に、自分も正直な気持ちを話さなければ誠意がないように考えてしまいがちですが、告白を断る場面ではウソも必要です。

特に、「理想に合わない相手だから」のように相手を否定するような理由は、たとえ正直な気持ちであっても言うべきではありません。

自分の好きな相手ではなくても、好きになってくれたことに感謝し、気持ちに応えられないことを謝る姿勢が大切です。告白を断る以上、全く傷つけずに終わらせることは難しいものですが、できるだけ浅い傷で諦めてもらうための断り方をご紹介します。

            電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

1.相手別、告白の上手な断り方

1-1.男友達から告白された場合

男友達からの告白を断る方法をご紹介します。相手を否定するような断り方で、それまでに築き上げた友達関係までを後悔されないように、友達として大切に思っていることを伝えることがポイントです。

「いつか別れるかもしれない恋人よりも、一生続く友達でいたい」

相手との関係をずっと続けたいからこそ、恋人にはなりたくないと話すことで、相手との友達関係を何よりも大切にしている気持ちを伝えます。

「友達としての距離が近すぎて、異性として見られない」

人として魅力的な友達であっても、恋愛感情を持てないケースは良くあります。異性としての魅力を感じないという理由では相手を傷つけてしまうため、友達関係が深すぎて恋人になることは考えられないと、状況のせいにして断る方法です。

「今の友達関係がとても心地良いから、ずっとこのままでいたい」

友達としては好きだという気持ちを伝え、これからも最高の友達として仲良くしていきたいという願いを込めた言葉です。告白を断られたあとも、友達として付き合ってくれるかどうかは相手次第ですが、自分の思いとして伝えておきましょう。

1-2.同じ職場や学校の人から告白された場合

職場や学校の人からの告白に対する断り方をご紹介します。断ったあとも顔を合わせなければならないケースが多いため、できるだけお互いに気まずくならない断り方が大切です。

「今は恋愛よりも仕事(勉強)を優先したい」

相手が誰であっても関係なく、仕事や勉強に集中したいと伝えることで、相手は自分自身が拒否されたというショックをあまり感じません。仕事や勉強だけでなく、習い事や夢など、自分が本当に熱中していることを理由にすると信憑性が高まります。

「前の恋愛を引きずっていて、次の恋愛に前向きになれない」

付き合えないのは、恋愛に前向きになれない自分の問題であって、相手に問題があるわけではないことを強調します。実際は引きずっている恋愛がなくても良いのです。悲しい過去に触れてほしくないという雰囲気で、相手にそれ以上踏み込ませなければ、細かく話す必要もありません。

「私にはもったいない。もっとふさわしい人がいると思う」

よく考えると疑問の残る表現ではありますが、目上の人には、相手を立てながら断るというこの言葉も有効です。相手が大人であれば、傷つけずに断ろうとしている気持ちを察して、これ以上困らせないように引いてくれる可能性があります。

1-3.初対面の人に告白された場合

初対面の人に告白されて断る場合の方法をご紹介します。初対面では、あなたの恋愛事情を知らないケースが多いため、比較的自由に作り話ができます。

「好きな人がいるのでごめんなさい」

これは告白を断る理由として王道です。相手の魅力に関係なく、「好きな人」以外とは付き合う気持ちがないと言うことで、相手を否定せずに諦めてもらうシンプルな断り方です。特に初対面の場合には、相手もあなたに「好きな人」がいるかもしれないという覚悟はしているため、大きなショックを与えずに断ることができるでしょう。

「長く付き合っている人がいるのでごめんなさい」

付き合っている人がいるという理由は、他に好きな人がいるという理由よりも説得力があります。実際は付き合っている人がいなくても、初対面であればウソだと知られる可能性が低く、使いやすい方法です。

2.NGな断り方

2-1.相手のプライドを傷つける

好きだと言われていることで、相手より優位に立っているような錯覚に陥りがちですが、相手の気持ちを踏みにじるような態度はNGです。

断る言葉に「無理」、「ありえない」、「気持ち悪い」などのひどい言葉が入るようでは、勇気を出して告白してくれた相手に失礼です。

また、自分の理想に合っていないことを指摘する発言は、相手のプライドを傷つけてしまいます。例えば、「顔がタイプじゃないから」、「背が高くないから」、「お金持ちじゃないから」などと、自分の価値観を押し付け、相手に非があるかのように断る態度は人としてするべきではありません。

2-2.断っていることが伝わらない

断るのであれば、付き合う気がないことをはっきりと伝える必要があります。

「考える時間がほしい」などという言葉で結論を後回しにすることは、相手の期待を膨らませることにつながります。また、「からかっているでしょう?」、「冗談ばっかり」と言って、真剣に取り合わない態度も、一時的にかわすことはできますが、相手の気持ちは中途半端なままで保留状態に置かれてしまいます。

相手を可哀想だと思い、断ることに躊躇してしまう気持ちは分かります。

しかし、はっきりと断らないままでは、相手は可能性のない片思いを続け、次の恋愛のチャンスをつかむこともできません。相手が次の恋愛に向かえるように、はっきりと断って気持ちに整理をつけさせることが優しさです。

3.告白されたあとにとるべきスマートな態度

3-1.告白前と変わらない態度で接する

告白を断った時点で、告白されたという事実を封印し、これまでと変わらない態度で接するように心がけます。

本心ではお互いに気まずさが残っているはずですが、告白後によそよそしい態度をとってしまうと、元の良好な関係に戻ることが難しくなります。

振られた相手のほうが気まずさを感じているため、あなたのほうから何もなかったように話しかけるとスムーズです。

3-2.誘われても二人だけでは会わない

相手に無駄な期待を持たせることのないように、相手から誘われても二人で会うことは避けましょう。

告白された相手が男友達で、以前と同じように誘われたとしても、さり気なく複数のプランに変える提案をします。

告白を断られたからといって、すぐに気持ちを整理できる人ばかりではありません。諦めきれずにデートに誘ってくる相手に、曖昧な態度で応えてしまうと、結果として相手の気持ちを弄んだことと変わらず、話がこじれてしまいます。

3-3.告白されたことを他言しない

告白されたことを不必要に友達に話すことは控えましょう。

軽い気持ちで友達に話すと、思わぬスピードで広まってしまいます。相手の立場になって考えてみれば、振られた相手に告白を言いふらされることの辛さは想像できるはずです。

4.何度もしつこく告白されたら

4-1.可能性が全くないことを伝える

何度告白されても付き合う気持ちはないと、はっきりと意思表示しましょう。

この状況になってしまっては、もはやこれまでと同じ良好な関係を続けることは難しいため、「これからも友達でいよう」という優しい言葉は不要です。

中途半端な優しさを見せず、毅然とした態度で接することが大切です。場合によっては、「迷惑です」、「もう告白しないでほしい」というキツめの言葉を使っても良いのですが、相手を逆上させてしまう可能性もあるため、相手の性格によって判断すべきです。

4-2.冷たい態度で接する

本来であれば、告白されたあとに相手に冷たい態度をとることは避けるべきです。

しかし、言葉で断っても諦めてくれない相手に対しては、冷たくしなければいけない時もあります。

メールやLINEは無視し、できるだけ顔を合わさないようにしましょう。職場などで関わらなければいけないケースでも、必要最低限の事務連絡のみを敬語で行うなど、距離をおく態度で相手に拒否していることを伝えます。

4-3.周囲の人に相談する

あまり想像したくないことですが、万が一にも相手がストーカーと化してしまったら、大変なことになります。

何度断ってもしつこい場合には、第三者に間に入ってもらう必要があるかもしれません。

深刻な場合は、職場であれば上司、学校であれば先生に相談するなど、頼りになる人に仲裁してもらいましょう。

5.おわりに

付き合う気のない相手からの告白に対処する方法についてご紹介しました。

相手に深い傷を負わせないで断るためには、相手に非があるような言い方は避け、自分側の問題で付き合えないと伝えることが基本です。

Pocket

KOMBUCHA生サプリメント