好きな人ができたら必見!すべきこと&してはいけないこと

fallinlove

Pocket

「なんとなく気になって仕方がない」、「なんだか勉強や仕事が手につかない」、「今頃何をしているのかと気になる」。それは、きっと恋の始まりです。

恋の始まりは、「相手の事をもっと知りたい」、「なんとか好みのタイプに近づきたい」、「自分の気持ちを知らせたい」と、思い悩むことはさまざまあり、恋するワクワク感と胸が痛くなるような切なさが交差する時期です。

恋愛は始まりが一番楽しいと一般的に言われがちですが、当の本人は真剣そのもので、思い悩む毎日を送っているものです。

好きな人ができたら、どんな行動をするべきなのでしょうか。そして、やってはいけない事はあるのでしょうか。

ここでは、恋の始まりを素敵な恋愛に発展させるには何が必要であるのか、ヒントとなることをご紹介します。

            電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

1.好きな人ができたらすべきこと

1-1.一番身近なコミュニケーションツール

facebook進化するインターネット、携帯電話のおかげで、その気になれば24時間コミュニケーションをとることが可能な現代です。

中でも、メール、SNSは一番身近なコミュニケーションツールと言えます。携帯電話無しでは、恋の発展は考えられないと答えるお年頃の男女は少なくありません。

時にメールは、面と向かってはなかなか口に出せないようなことを伝えやすくしてくれる、クッション的な役割を果たしてくれます。デリケートな気持ちを直接的ではなく、オブラートに包んだ表現やかわいらしい絵文字で相手に語りかけることができる、とても便利なツールです。

メールを送った後は、返信が待ち遠しいものです。送ったメールには、必ず返信がくるような文章を心がけることが大切です。質問形式をとり入れると、その効果は絶大です。

返信せざるを得ないので、一方的ではなく、キャッチボールのようなやり取りを繰り広げやすくなります。また、質問をすることで、相手の事を知るきっかけともなります。

1-2.定期的に連絡をとる

bye「別れる時に次の約束をする」とは、恋の始まりの鉄則とも言われています。

心理学上では、「単純接触効果」と呼ばれ、定期的接触の回数と親密度は比例するとされています。

相手の好意に気付き始めると、なんだか自分も相手の事が急に気になり、意識してしまうことも多々あります。

人の脳は、行動することによってモチベーションが高まるメカニズムであるとされ、いつもより積極的な行動にでてみることで、相手を自分のペースに引きいれてしまうケースも多々あると言われています。

運命を感じてしまうような人には、そうそう出会うものではありません。せっかくのチャンス、恥ずかしがり屋さんも、恋のパワーに勇気をもらって、ポジティブに行動してみると、案外視界が広がるものです。

1-3.相手をより広く知る

lunch好きな音楽やアーティスト、趣味や好きなスポーツ、共通点が見つかると話題も豊富になります。

しかし、なかなか共通点が見つからない場合もあります。そんな時、「合わないのかな?」と思う前に、相手の好きな事に興味を持ってみることも大切です。

それが自分の得意分野ではない場合、周囲の友人なども巻き込みながら親しんでいくのも方法の一つです。2人でいる時とは別の顔を垣間見ることもでき、自分の違った印象を知ってもらうきっかけともなり得ます。

しかし、いつもグループでばかりいるのはタブーです。2人になることで特別感が生まれ、異性であることを意識するものです。せっかくの恋が友達で終わってしまうのは、あまりにも悲しい結末ですから。

2.好きな人ができたらしてはいけないこと

2-1.何も行動しないこと

looking「楽しい会話に自信がない」、「容姿に自信がない」。憧れの気持ちが強すぎると、ネガティブな発想が多く生まれてしまうものです。

そうなると、なかなか行動に移せなくなるものです。全くコンプレックスのない人など、そういるものではありません。恋のパワーで勇気を持って、いつもより少しだけ積極的に行動してみるのです。

心理学上では、恋愛に限らず人を好きになる時は、アクションを起こせば起こすほど、その人をより好きなると言われています。

目で訴えてみるとは、映画やドラマでありがちですが、そうそう伝わるものではなく、何も行動しなければ、ステップアップは望めません。せっかく人を好きになったのですから、見ているだけではもったいないです。

2-2.好きなひとに関する情報をSNSで発信する

smile携帯電話が便利なコミュニケーションツールである一方、使い方次第でトラブルのもとを作ってしまうケースも多々あることも現実です。

つい先ほどの出来事や言動が、SNSにのることにより、一瞬でさまざまな人たちに知られることになるのですから、その取扱いには細心の注意が必要です。

SNSを楽しむ人が多くいる一方、プライベートを公開することに躊躇する人も少なくないのです。特に、男性はその傾向が強いのが特徴です。それがさらに伝言ゲームのように伝わることで、真実に背びれ、尾ひれがついてしまいがちなことに嫌悪感を抱く男性は多くいます。

始まったばかりの恋に胸が高鳴り過ぎてしまうこともありがちですが、2人だけの秘密を持っているというのも悪くはありません。ちょっとした、優越感です。

SNSは、恋愛に発展してより親密になった時、2人で共有して楽しめる素敵なコミュニケーションツールとなります。そうなるまでは、取扱い要注意です。

3.好きになってはいけない人を好きになったら

3-1.相手に恋人がいる場合

discussingひと目につくようなところで、手をつないでのウキウキデートは難しいのが現状です。

2人の事は、ほぼ秘密にしなければなりません。特に、同じ職場であったりした場合は、細心の心配りが必要となります。

一般的にタブーとされる恋愛話は格好の噂話となりやすく、仕事にもさしさわりが生まれてしまうことがあるからです。

このように、恋人がいる人を好きになった場合、さまざまな困難に直面することでしょう。その困難を乗り越えられるほどの覚悟と忍耐を持つことが大切です。

3-2.相手が既婚者である場合

family既婚者は、恋をすることから何年も遠ざかっていることが多く、ふとしたきっかけでその気持ちを思い出し、恋愛に発展させてしまうケースが多々あります。

2人でいる時は、よくいる恋人同士と何ら変わることはありません。

しかし、相手には帰る場所があることに目をふさいではなりません。「そんなつもりではなかった」、「気持には応えられない」とは、既婚者からよく耳にする言い訳です。相手は、自分の思いにどれくらい応えてくれ、大切に思ってくれているのかは、自分で見極めるほか方法がありません。

また、相手の配偶者に知られてしまった場合は、大きなトラブルになることは間違いありません。

民法770条により、配偶者から訴えられるリスクがあることを心に留めておかなければなりません。そうなると、社会的非難や制裁のリスクもあります。そのリスクを背負う覚悟と勇気があるかどうか、自問自答してみる必要があると言えます。

4.おわりに

ここまで、好きな人ができたらすべき事、してはいけない事についてご紹介してきました。

「恋の始まりは駆け引きが肝心」とはよく耳にしますが、自己中心的な行動に出ることは禁物です。恋は、人としてのコミュニケーションの上にたつものであり、それが異性であることで特別感を醸し出すものです。

相手の気持ちによりそう、心の余裕も時には必要です。とても原始的なようですが、相手の気持ちを思いやることが大切で、さまざまな文化が進んでも、恋愛の分野だけはいつまでも変わらないものが存在するのです。

Pocket

KOMBUCHA生サプリメント