ラブラブだと思ってるのはアナタだけかも!恋人の「別れたいサイン」4つ

thinking

Pocket

付き合っていると、「別れの危機」が訪れる場面があります。

人の想いは目に見えるものではないため、自分ではラブラブだと思っていたのに、いつの間にか相手の気持ちが離れていた、ということもあると思います。けれども、別れを切り出される前に相手のサインに気付くことができれば、関係を修復するチャンスはあります。

そこでここでは、別れたいサインとはどのようなものなのか、ご紹介していきたいと思います。恋人の態度が当てはまっていないか確認していただき、今後長くお付き合いを続けていくための参考にしていただければと思います。

            電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

1.恋人の「別れたいサイン」4つ

1-1.連絡をとらなくなる

phoneメールや電話などで連絡をとる回数が極端に減ってきたら、それは別れたいというサインかもしれません。

もともとお互いに干渉しないカップルの場合は判断が難しいところですが、毎日のように連絡をとりあっている相手から数日経っても連絡がない、こちらからの連絡にも返事がない、となると要注意です。

別れたいという気持ちがあると、その人への興味や関心が失われてしまいます。そのため、自分から連絡をするのはもちろんのこと、返事をすることも億劫になります。人によっては、そのまま自然消滅を考えていることもあるかもしれません。

1-2.会う回数が減る

shoppingデートに誘ってみても何かと理由をつけて断られる、会える日を聞いても予定を教えてくれない、このような状態が長く続くようならば、別れたいサインであると考えるべきです。

本当に予定が入っていたり、何かと忙しくて時間がとれなかったりという場合もあるでしょう。

しかし、あなたと過ごす時間を大切に思っていれば、どうにかして2人の時間を作ろうとするはずです。どうしても会えないときは、会えない理由を話すなど、あなたの気持ちを不安にさせないような配慮もするでしょう。

相手からは全く誘われなくなったり、会えない理由を聞いてもあいまいに濁されたりするならば、別れたいという意志表示だと捉えるべきでしょう。

1-3.会っても会話が続かなくなる

couple話しかけても「ふーん」、「そうなんだ」、などという生返事ばかりで、会話が続かなくなったりなんとなく気まずい雰囲気になったりするならば、それも別れたいサインのひとつです。

恋人への好意が薄れてしまうと、相手のことを深く知りたい、自分のことをもっと知ってほしい、という気持ちがなくなります。

そのため、相手から話題を振ってくれることも、あなたの話に真剣に耳を傾けることもなく、自然と会話が途絶えがちになります。

1-4.スキンシップを避ける

couple今までは問題なくスキンシップを行えていたのに、急に嫌がるそぶりを見せたり拒まれたりする場合も、別れたいサインと言えそうです。

別れたいという気持ちを持っていても、会話ならば普段通りに行えるという人もいるでしょう。

しかし、相手と触れ合う行為は、好きという気持ちがなければなかなかできないものです。好意を持てない相手とは、何気なく体がふれたり、手をつないだりするだけでも苦痛に感じることがあります。スキンシップの際に、相手の表情や態度に違和感があれば注意しましょう。

2.判断に困るサインが示す真実

最近恋人の態度がやさしくなったとなれば、喜ばしいことのように思えます。

しかし、必ずしもあなたへの愛情から表れた言動であるとはかぎりません。突然別れを切り出されるようなことにならないためにも、以下のようなケースに当てはまっていないか考えてみましょう。

2-1.異性との飲みや遊びに寛容になった

party好きな人が異性と出かけるとなれば、誰でも少なからず嫉妬が芽生えるものです。

けれども、あなたに対して異性としての関心がなくなれば、誰とどこに出かけようがどうでもよくなります。関係を深めていく中で、あなたを信頼しての態度であれば問題ありません。

しかし、今まで気にしていた相手が突然寛容な態度をとりはじめたとしたら、あなたのことを恋愛対象として見られなくなった可能性があります。

2-2.喧嘩をすることが多くなった

couple些細なことでの喧嘩が増えた、喧嘩をしても相手が自分の非を認めてくれない、などと感じることはありませんか?

互いを深く知るために本音をぶつけ合うような喧嘩であれば、壁を乗り越えることで絆をより深めることができます。

しかし、別れたいという気持ちから、あなたに嫌いになってもらうためにわざと怒らせるような態度をとっている場合があります。また、最終的に喧嘩別れをしてもいいという投げやりな気持ちであることも考えられます。

恋人が最近怒りっぽくなったなと感じることがあれば、別れたいサインと合わせて相手の本音を考えてみるようにしましょう。

3.「別れたいサイン」を出されたら

3-1.自分を見つめ直す

female別れたいと考えるには何か理由があるはずです。

恋人と一緒に過ごすとき自分中心に物事を考えていなかったか、恋人を思いやる気持ちを持てていたか、過去の自分を振り返って考えてみてください。

気付いたことがあれば、直す努力をしましょう。相手がまだ別れを迷っている段階であれば、あなたの行動次第で関係を修復することができるはずです。

特に理由があるわけではなく、ちょっとした不満が積み重なったことが別れたいと思う原因になっている場合もあります。不満があったら遠慮なく言ってほしい、とさりげなく切り出してみることもひとつの方法です。

3-2.サインを出されたときにやってはいけない言動

famaleサインに気付いたとき、気持ちが焦ることもあるでしょうが、恋人の態度を問い詰めたり怒ったりしてはいけません。相手の別れたいという気持ちを加速させるだけで、プラスに働くことがないためです。

相手が話したくない、会いたくないと思っているならば、積極的に行動を起こすよりも、相手としっかり向き合えるようなときがくるまで待つべきです。

3-3.別れる覚悟を決める

famaleあなたへの気持ちが冷めて、他に好きな人ができていたり、仕事など懸命に頑張れることに気持ちが向いていたりする場合は、もう一度振り向いてもらうことは困難であると言えるでしょう。

恋人との別れを受け入れるのもひとつの選択です。

別れる覚悟が決まったら、あえて自分から別れ話に触れても良いと思います。相手から唐突に切り出されるよりも、冷静に話を聞くことができるのではないでしょうか。

4.どうしても別れたくない場合

coupleどうしても恋人をあきらめたくないならば、恋人の心をつなぎとめる手段として、同情を誘う方法があります。

相手の態度が冷たくなったときや喧嘩をしたとき、あからさまに落ち込んだ態度をとれば、相手もこれまで好きだった人に対して少なからず情がわくでしょう。簡単に別れようとは言えなくなります。

また、恋人の友人と仲良くなっておくことで、別れを切り出しにくい状況を作るという方法もあります。

ただし、いずれにしても一時しのぎでしかありません。大切なことは、その時間の中でどれだけ自分が変わって行けるかということです。

感情的になってしまうところがあるならば想いをぶつけてしまう前に深呼吸をして冷静になる、付き合い初めの気持ちを思い出してもらえるようなデートプランを考える、隣を歩きたいと思ってもらえるような髪型や服装でいる、など、できることはたくさんあります。

相手に何かを求めるのではなく、もう一度好きになってもらえるように自分自身が努力しましょう。

5.おわりに

あなたが恋人の「別れたいサイン」に気付けたということは、別れを切り出されるまでにまだ少しの時間があるということです。

相手の気持ちを思いやる心を忘れず、気づいたことは直すようにしながら、恋人にもう一度振り向いてもらうための努力を怠らないようにしましょう。

最終的に現在の恋人と別れることになったとしても、続けた努力は新たな恋への糧になります。

Pocket

KOMBUCHA生サプリメント