お互いに後腐れのない「いい別れ方」を徹底リサーチ!

woman

Pocket

恋人との別れを考えたときに、寂しさや切なさと別に心を引き止めるのは、別れることの大変さです。

別れ方を間違えて話をこじらせるととんでもないトラブルに発展することもあるため、恋人との別れには多大なエネルギーが必要です。

今回は、できるかぎり後に禍根を残さない、円満な別れ方について解説します。

            電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

1.男女3人に聞いた「いい別れ方」体験談

1-1.別れても仲間どうし(20代女性)

もともと趣味の仲間で集まった中から、イベントや合宿をともにしているうちになんとなく気が合うことに気付き、相手に告白されて付き合うようになりました。

アマチュアが趣味でやるといっても、かなり本気の器楽サークルです。音楽のことで言い争ったり、楽団の運営のことで協力しあったり、付き合いのなかにもサークル活動は当たり前に入っていました。

二人のときにまでサークルのことでカリカリするのが嫌になってしまって、私のほうから別れを切り出したのですが、共通の想いとして持っていたのが「サークル運営に支障は出したくない」だったんです。よく話し合って、どちらも運営から抜けないことを決めました。

それで別れたあともトラブルなく、いまでも仲間として付き合っていますが、一時期は相手がすごく頑張ってくれていました。相手がしっかりした自制心のある人だったおかげだと思っています。

1-2.お互いが察していた別れ(30代男性)

お互い、結婚を意識して付き合っていました。

しかし、彼女の実家は地方でもそれなりに大きな事業をやっている家で、彼女は一人娘…結婚するからには私が婿養子になる必要がありました。

一方、私は母を早くに亡くし、父に育ててもらった一人息子です。父が元気なうちに、家の苗字を絶やすことには強い抵抗がありました。

私の父も、彼女のご実家も、結婚については反対もしておらず、姓のことは自分たちで決めていいと言ってくれてはいました。でも、私も彼女が家業を大切にしていることを知っていましたし、彼女も私が父を大切に想っていることを理解してくれていました。相手からそれを奪うことはできない、と互いに思ってしまって…。

それで、このまま平行線を続けるのは互いにとって良くないと思い、別れることにしました。現在はとくに連絡はとりあっていませんが、幸せになってくれたらいいと思っています。

1-3.最適な距離は「恋人」ではなかった(20代女性)

ずっと仲の良い友人同士で、周囲からも「付き合っている」と思われているくらいに親しかったのですが、私の失恋を慰めてもらったのをきっかけに付き合い始めたところ、全く合わずに喧嘩ばかり!友人時代の頃がウソのように、お互いイライラやビクビクするようになってしまいました。

二人とも、思うように自分を出せなくなっていることに気付いて、恋人という距離感が合わないのだと思うしかなかった感じです。これ以上お互いが相手を許せなくなる前に距離をおこう、という話し合いをして、「別れたほうが良いのだろうね」ということで意見が一致し、別れることになりました。嫌いで別れたわけではないので、友人としては相変わらず仲良くやっています。

20年後くらいにお互い独身なら結婚したい相手…みたいな存在です。

2.円満に別れるためのポイント4つ

2-1.きちんと会って話す

円満に別れたいと思うなら、曖昧なままの自然消滅は避けましょう。

恋愛関係を続けるのは難しいと思ってしまったこと、別れたいということははっきりと伝えましょう。

また、別れた後の距離感については、相手が主導権を握っていると考えましょう。「別れよう、でも仲良くしていたい」という話を、別れ話を切り出した側から持ちかけるのは、都合のいい話です。それをどう受け取るかは相手次第であることは忘れないようにしましょう。

2-2.相手のプライドを傷つけない

別れたい、という話をされた側が思うのは「どうして?」です。理由は色々出てくることでしょう。

しかし、それを「相手の人間性」に問題があるかのような伝え方をしてはいけません。昨日まで恋人だった相手が、実は自分の人間性を否定したということは、裏切りとして相手の心とプライドをひどく傷付けます。

人間性そのものを否定してくる相手には、好意の持ちようがありません。嫌いになった相手に対して多大な自制を要する「円満な別れ」に付き合う義理はなくなります。

別れようと決めるのはあくまで自分の心です。相手のせいにしてはいけません。

2-3.復縁の期待を持たせる言い方をしない

いくらトラブルなく話を進めたいからといって、その場しのぎで復縁があり得るような事を言ってはいけません。

相手にとっては、恋心を利用して振り回されている状態です。「気の迷いで別れたいって言っただけじゃない…?」というような、「実は別れていない」という認識すら持ちかねず、後々深刻なトラブルに発展しやすくなります。

円満に別れたいのであれば、むしろはっきりと復縁はありえないことを伝えましょう。

2-4.適切に謝る

別れようと決めたのはあくまで自分です。

別れ話は、自分の意志に付き合わせることを頼んでいるのに等しく、相手に対しては謝るべき行為です。

相手が自分を想ってくれているのに、それを受け取れないことへの謝罪や、これからの未来を共に生きる意志がないことへの謝罪、相手の人生を振り回すことへの謝罪など、相手の心を傷付ける諸々の事実に対してはきちんと謝りましょう。

3.別れをこじらせるNG言葉&行動

3-1.泣き続ける

「泣き続ける」ことで交渉を有利に進めようとしてはいけません。

泣くことで相手の気遣いを引き出すのは卑怯な行為です。相手を悪者にしようとしている、と思われかねません。

「泣けばなんとかなると思っている」と受け取られたら、相手はあなたに愛想を尽かして、別れたあとの円満な人間関係を築くことはできなくなるでしょう。

3-2.「○○がそう言っていた」

友人や家族の経験談、彼らの言っていたこと等を引き合いにだして別れ話をしてはいけません。

「○○がそう言っていた」という言い方にはあなた自身の意志がないためです。自分が悪者になりたくないだけ、と受け取られ、うんざりされてしまうでしょう。

3-3.無言で抱きしめる(男性編)

恋人に裏切られて傷付かない人はいません。

別れ話をされた女性が感極まって泣いてしまうのはよくあることです。

女性の泣き顔は情事の表情に似ている、という説もあるほどに、男性にとって女性の泣き顔は心を揺さぶるものです。かといって、相手を慰めにかかってはいけません。

具体的には「無言で抱きしめること」がそれにあたります。一時の衝動で抱きしめても相手を混乱させるだけで、滞りなく別れ話を進めることはかえって難しくなってしまいます。

また、賢い女性であれば「この人は自分が悪者になりたくないだけなのか」と見ぬき、幻滅されてしまうでしょう。

3-4.「どうしてそんなに優しいの?」(女性編)

女性から別れ話をする際に、男性がなるべく冷静に、優しく、女性の話を受け止めようとしてくれることがあります。

その際のNG発言は「どうしてそんなに優しいの…?」です。これは、「私はこんなに酷いことをしているのに、あなたはとても優しい」という評価でもありますが、理由は簡単で、「まだ好きだから」です。

これから、その想いを拒絶するというのに、相手からの愛情をさらに引き出そうとするのは最悪の行為です。後ほど冷静になった男性には、「自分だけが悲劇のヒロインでいたいだけの薄っぺらな言葉」であると見ぬかれてしまうでしょう。

4.おわりに

以上、円満な別れの体験談とそのコツ、相手を幻滅させるNG行動について解説しました。

かつては愛しあった恋人同士が他人に戻るプロセスで、憎しみ合うようになってしまうのは悲しいことです。できれば、お互い傷つけ合わずに距離をとりたいものです。

人間は最期の瞬間にその本質が現れると言われています。円満な別れのためには、別れの瞬間にこそ、最大限の誠意を持ちましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

Pocket

KOMBUCHA生サプリメント