これって憑依!? すぐわかるチェックリスト&対処法

female

Pocket

憑依とは、成仏できなかった霊や動物の霊などに乗り移られることです。

憑依されやすい体質の人とそうでない人がいるのですが、なかなか人には相談しづらいことですし、見た目の変化は他人の方が気づきやすいものもあります。

そこで今回は、憑依を確かめる方法や体質、対処法などをご紹介します。自分は憑依されているかもと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

また、この記事を読んで身の回りに思い浮かぶ人がいれば、的確なアドバイスをしてあげてください。

1.憑依かどうかを確かめるチェックリスト

以下にご紹介するのは、憑依されているときにあらわれる様々な変化です。

憑依されていることを自覚するだけで霊が離れていくこともあります。当てはまる場合は、憑依の可能性を疑ってみてください。

1-1.目つきが変わる

憑依されていると、目に変化があらわれる場合は多くあります。

例えば、目つきがきつくなる、目が濁って見える、目に活力が感じられないなどです。自分で鏡を見ているだけではなかなか気づかないかもしれませんが、他人から見るとはっきりとその変化が感じられます。

また、自分の顔写真を撮り、昔の写真と比較してみる方法もあります。

1-2.身体に異常がある

慢性的な体のだるさ、肩痛、腰痛、頭痛などがあり、原因がはっきりとしない場合は、憑依の可能性が高いと言えます。

また、たいした怪我ではないのに治りが遅い、診察を受けても原因が分からず、薬を服用しても治らない病気を抱えている、といったことも憑依の可能性を疑うべきでしょう。

身体の異常で言えば、体系に変化があらわれる場合もあります。食生活が変わったわけでもないのに急に体重が増える、あるいは激しく増減を繰り返すならば、「邪気太り」の可能性があります。

これは、憑依している霊の邪気が体内に取り込まれることで太ってしまう現象です。短期間のうちにそのような変化がある場合は、憑依の可能性を疑いましょう。

1-3.精神的に不安定である

憑依されると精神が不安定になり、ネガティブな言動が多くなります。

具体的には、イライラすることが多くなる、些細なことで落ち込みやすくなる、何事も悲観的に考えてしまう、などです。また、まるでその人の中に別の人格が存在するかのように、性格が豹変することもあります。ネガティブな傾向などなかった人が突然暗い性格になったり、顔つきがころころ変わるようになったりする場合は、注意が必要です。

そして、人に憑依した霊は、人から気力を奪います。思い当たる節がないのにどんなに寝ても疲れが取れず、なぜかやる気が出ないという人は、憑依されている可能性があります。

1-4.食が変わる

食事の仕方や、食べ物の好みが変化します。

具体的には、極端に食欲が旺盛になるか減退する、体に良くない食べ物(ジャンクフードやファストフードなど、高カロリー・高塩分の食品)が無性に食べたくなる、などです。

また、お酒を飲む習慣がある人は、アルコールの摂取量が著しく増えたり、突然酒癖が悪くなったりすることがあります。

1-5.性欲がコントロールできなくなる

憑依されているときは、性欲が異常に強くなることがあります。

また、衝動的で自制がきかないことが特徴です。突然不倫に走ったり、不特定多数と関係を持つことをやめられなかったりする場合は、憑依の可能性を疑ってみましょう。

1-6.身の回りに異変がある

憑依されている場合、自分の身の回りにも様々な異変が生じます。

代表的な現象としては、発生源がないにも関わらずピシッ、パシッ、というような、乾いた高い音がする、風邪をひいているわけでもないのに寒気がする、何かが腐ったような悪臭がする、空気が濁っているように感じる、などが挙げられます。

2.憑依体質の特徴

2-1.波動が低い

波動とは、すべてのものに存在する振動のことで、人はもちろん、霊などの目には見えない存在も、固有の振動を持っています。

そして、高い波動は高い波動のものを引き寄せ、低い波動は低い波動のものを引き寄せるという性質があります。

ネガティブな考え方でいつも性格が暗い人、不規則な生活が当たり前になっている人、掃除が苦手でいつも汚い部屋で生活している人などは、波動が低い傾向にあります。そのため、同じく低い波動を持つ低級霊や悪霊などを自然と引き寄せてしまいます。

2-2.霊感が強い

いわゆる霊感があると言われる人は、そうでない人に比べて霊的なエネルギーを多く持っています。

そして、この霊的なエネルギーは、成仏する力がない低級霊や悪霊が欲している力でもあります。そのため、エネルギーを吸い取ろうと、悪い霊が集まってきてしまいます。

2-3.家系に霊的な問題がある

自分の家系が代々霊にとり憑かれているという場合もあります。

原因としては、先祖の供養をきちんと行ってこなかったことなどが考えられるでしょう。

代々子宝に恵まれない、病気がちである、特に男性が短命である、商売や仕事が上手くいかない、などの災いがある場合、家系的に霊を引き寄せやすいことが考えられます。

2-4.スピリチュアルに興味がある

スピリチュアルな世界に興味を持ち、ネットや書籍などから得た知識や道具を使って、高次元とつながろうとした経験はありませんか?

スピリチュアルな世界は神秘的で、人にとってとても興味深いものですが、やり方を一歩間違えれば、悪影響を与える低級な存在とつながるきっかけにもなります。

そのような経験がある人は、スピリチュアルに関する本や道具を一切処分して、一度スピリチュアルな世界を完全に断ち切ることで、憑依がなくなる場合があります。

3.自分でできる憑依の対処法

3-1.規則正しい生活を送る

不規則な生活は、自身の波動を低下させることにつながります。

十分な睡眠は身体だけでなく精神も安定させるため、早寝早起きを心がけましょう。

また、部屋の中に置くものを必要以上に増やさないようにし、使ったら元の場所に戻すことを習慣づけて、部屋の中を乱さないようにしましょう。きれいでプラスのエネルギーに満ちた部屋は、悪霊や低級霊にとって居心地が悪い場所です。

そして、自分の性格がネガティブだなと思う人は、日ごろから物事を前向きに考えるクセをつけましょう。思考が悪い方向へ進みそうなとき、本当にそうなのか、根拠がどこにあるのかを冷静に考えてみると、思い悩むことが少なくなります。

3-2身体を丈夫にする

食べ物が身体を作ります。

そして、丈夫な体は自分の波動を高めてくれます。インスタント食品やコンビニ弁当ばかり食べている人は、自炊を増やして健康な食事を心がけましょう。

そして、適度に運動をして、負のエネルギーを外に出し、良いエネルギーを全身に循環させます。

また、ストレスをためない工夫も必要です。適度な運動はストレスの発散にもつながりますが、自分にとってリラックスできる方法であれば何でも構いません。音楽やアロマ、長湯、瞑想など、自分なりのリラックス法を見つけてみてください。

3-3.浄化に効果的な道具の力を借りる

浄化グッズとしてよく用いられるのが、塩です。

塩には悪い気を吸収する効果があります。肩や背中に振り掛けたり、部屋の四隅や玄関に盛り塩をしたりして活用しましょう。また、半紙やティッシュで包み、お守りの代わりに携帯する方法もあります。負のエネルギーを吸収しきってしまえば効果がなくなりますので、盛り塩や携帯用の塩は定期的に新しいものに交換してください。

そのほか、パワーストーンや、霊符、護符を身につける方法もあります。ただし、使い方や選び方を間違えれば効果がないばかりか、かえって悪い影響を受けることもあります。パワーストーンは専門店で、霊符や護符は神社・寺で購入し、効力や使い方をきちんと教えてもらいましょう。

3-4.マントラを唱える

マントラは真言ともいい、仏への讃歌や祈りを表現した短い言葉のことです。

言霊の一種でもあり、それ自体に霊力や功徳が宿っていると考えられています。

マントラにはいくつか種類がありますが、特に憑依に関して効果が期待できるのは「オン・シュダ・シュダ」というマントラです。このマントラは、あらゆるマイナスのエネルギーを浄化し、代わりにプラスのエネルギーで満たす作用を持っています。

憑依されているかもしれないと感じたとき、なんとなく嫌な気に出会ったとき、心身が疲れてポジティブに考えられないとき、「オン・シュダ・シュダ」と唱えてみてください。

4.憑依されないために気をつけたいこと

悪い霊に憑依されないためには、波動を高める努力を怠らないこと、つまり、とにかく楽しく充実した生活を送ることです。

霊感が強いタイプ、家系に霊的な問題を抱えているタイプの憑依体質の人であっても、自分が健康で楽しく、プラスのエネルギーに満ちていれば、霊が寄ってきたところで長くとどまることはできません。いつも明るく、笑顔を絶やさないでいることを心がけてください。

5.おわりに

憑依体質は非常に特殊な体質であり、周りからの理解を得られないことも少なくないでしょう。

そのため、内に閉じこもってしまいたくなるかもしれませんが、ネガティブになればなるほど悪い霊たちの思うつぼです。自分で対処する方法は、案外たくさんあります。

ぜひ実践していただき、少しでも悩みが軽くなればと思います。

Pocket