不倫から本気の恋愛は生まれる?不倫経験者の声

couple

Pocket

不倫、、、悪いことだとはどこかで分かっていても、実際に自分が当事者になってしまうと「これが本気の恋にならないだろうか。」そう思ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

しかしながら、法的な婚姻関係を結んだ後の恋愛は、法的なペナルティも含めて当事者への負担は多大なものになってしまいます。

最初はちょっとした火遊びのつもりだったのかもしれません。しかし、その恋に火がついてしまい、いつの間にか本気を望んでしまって。。。

この記事では、不倫から本気の恋愛が生まれ得るのかどうか、経験者の体験談を集めましたので、不倫が本気の恋愛になるのか考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

1.不倫相手に本気になってしまった女性の本音

1-1.離婚しました(30代女性)

同期の男性と不倫関係になっていました。どちらも既婚で、相手には子供もいます。新人の頃から一緒に仕事をしてきた戦友でもあります。

もともと曖昧な友人関係ではありました。いわゆるセックスフレンドというやつです。お互い別々に結婚しても友人関係は続いていたのですが…どうも、当時の夫とは夜の生活が合いませんでした。というよりも、友人との肌の相性が良すぎました。恥ずかしい話ですがまったく違うのです。

結婚生活に夜の相性はあまり関係ないだろう、結婚すれば慣れるだろう…と思いながらの結婚でしたが、どうしてもダメなものはダメで、だんだん夫との性生活ができなくなってしまって…。それに伴って、人間的に嫌なところが目につくようになってしまいました。

同時に、遊びのつもりでズブズブの関係が続いていた彼のことをどうしても想うようになってしまいました。
結局私は離婚しました。本当のことは言えず、性格の不一致や、性的な嗜好の違いで押し切りました。私から別れを切り出したので慰謝料は私持ちです。

いまだに不倫関係は続いています。相手の家庭を壊したくはないので結婚を迫るつもりはありませんが、彼の気持ちが気にならないかといえば、それはとても気になっています。

1-2.本気の片想いのつもりでした(20代女性)

相手は10歳年上の会社の上司でした。あちらは既婚、こちらは独身です。

仕事のうえでコンビを組み、我ながら息のあったサポート役ができていたと思います。共に出張に行くこともあり、夜遅くまで打ち合わせや食事をするなど、ほとんど生活をともにするようなこともありました。

正直なところ、人間としても異性としても魅力的な人だと感じていました。相手が既婚者なので好意を隠す必要もなく、安心して甘えていました。

大きな仕事が片付いた日、上司と祝杯をあげ、思い切り飲んで…気がつけば一線を越えていました。本音を言えば夢のような夜でした。

次の朝、彼も私を良いと思ってくれていた、仕事が片付いた開放感からつい自分を押しとどめることができなくなってしまったこと…など、色々な話をしてくれました。

とても真摯に、真剣に今までのことを話してくれたのは嬉しかったです。ただ私は、夢のようだった夜の色々な行為はいつも奥さんに向けられているのだということ、あんなに気持ちが良かったのは、彼と奥さんとの仲の良さのあらわれで、自分はそのおこぼれを貰ったにすぎないのだということをなんとなく悟って、気持ちが急に沈んでいきました。

それからは何となく、お互い二人きりの夕食や夜の打ち合わせは避けるようになりました。互いに好きであることが分かってしまったからこそ、プライベートでの距離を少しだけ開けるようになった感じです。

尊敬や好意は今でも本気で持っているのですが、不倫が継続しているかと考えるとちょっと分かりません。

2.男性が本気になることはある?男性の本音

2-1.気がついたら相手のことばかり考えていた(40代男性)

20代の女性と不倫関係になっていたことがあります。こちらは既婚で、相手は婚約者のいる結婚直前の状態でした。

私の勤める会社に派遣で来ていた女性で、気遣いができる子でした。ただ、婚約者の男性があまり優しいタイプではないようで、悩んでいる様子がありました。

仕事のことで指示する立場だったのと、家庭や結婚についての相談をなんとなく受けるようになっていたのですが、そのうちに、お互い妙な雰囲気になっていると会社で噂をたてられるようになってしまいました。

冗談じゃない、と思ったのですが、ふと気が付くと、仕事中も彼女の事を目で追っています。家庭でもぼんやりと彼女のことを思い出したりしていて、まるで高校生のように彼女のことを考えている自分に気が付きました。

忘れられないのですが、「会社で噂をされているらしいよ、冗談キツイよね」と言ったときに、「私は噂されても構いませんよ」と返されて…そのときの彼女の勢いに押されて、なしくずしになってしまいました。

家内や小学生の子供への罪悪感で押しつぶされそうでしたが、それでも抜けることができません。結局、彼女の派遣期間の終了までずるずると半年程度は不倫関係が続きました。

派遣期間が終了した後は、彼女からの連絡はありません。私からも連絡する勇気はなく、それっきりになっています。
もしかしたら彼女か会社の誰かが、派遣会社に何かを伝えたのかもしれません。

2-2.本気になったのは自分だけだった(30代男性)

20代前半の女性に恋をしました。始まりは、いわゆる「出会い系」です。精神的に不安定な感じのある子で、心配で連絡をとっているうちに、だんだん好きになっていきました。

私は当時結婚3年目でした。子供が生まれて間もないときで、妻が実家に帰省することが多かったので、自由になる時間があったのです。妊娠・出産のタイミングでどうしても夜の生活が制限されて、単に性欲を解消したいだけという思いもあって、出会い系に手を出してしまいました。

妻が母親として立派になっていくのについていけなかった面もあります。精神的に不安定な女性を可愛い、守ってあげたい、と思ってしまって…それで何度かデートやセックスをするうちに、私のほうが本気になってしまったのです。

ある朝、事が済んだあとに彼女と離れるのがとても寂しくなってしまって、妻とは別れて君と結婚できればいいのに、と伝えました。

そのときに彼女の目がすごく醒めていたのにぎょっとしました。なんとなく話をはぐらかされて別れたあと、しばらく連絡がとれなくなって、その後別れを告げられました。

どうやら本気になっていたのは自分だけで、彼女のほうは「既婚者と関係を持っている」ということが重要だったみたいです。
今思えば、そのとき彼女が本気にしていたらどれだけの修羅場が待っていたかと思います。本気になっていたのが自分だけだったのはラッキーと思っていいのかもしれません。

妻や子供へは本当に申し訳ないことをしたと思っています。秘密は墓場まで持って行きます。

3.本気になる前におさらいしておくべき不倫のリスク

3-1.社会的な信用を失う

まず、既婚者の不貞行為は社会的に厳しく咎められます。

社内恋愛での不倫が発覚した場合、両者ともにまともに勤務を続けることはとても難しくなるでしょう。不倫が原因で解雇された判例もあります。

たとえ退職せずに会社に残ったとしても、「信用できない人」と見られるため、その後社内での評価が上がることはありません。

3-2.金銭的なペナルティを追う

不倫が原因で離婚する場合、不倫された側は不倫した配偶者と、その浮気相手の両方に対して慰謝料を請求する権利があります。

また、子供がいる場合はまず確実に親権は不倫された被害者のものとなり、毎月の養育費も請求されます。

慰謝料は100万円から、養育費は毎月8万円からで、収入や家庭環境によって増額されます。

3-3.プライベートの人間関係も崩壊する

社会的な信用の失墜とともに、プライベートの人間関係も破綻しやすくなります。

少なくとも親戚一同には「不倫で離婚した人」ということは隠せません。また、結婚式に呼んだ大切な友人たちからも「あの祝福は何だったのか」と顰蹙を買うでしょう。

もし次に結婚する機会があったとしても、初婚のときのような温かい祝福は受けられません。

4.本気になってしまったあとに取るべき行動

すでに相手に本気になってしまったとしたら、上記のリスクについてもう一度考えなおしてみてください。

これらのリスクを取っても相手との関係を続けたいほどに魅力的な異性でしょうか。あるいは、相手は、これらのリスクを取ってまで関係を続けられるほどに、あなたを愛してくれているでしょうか。

もしYESであれば、茨の道に進むのも良いかもしれません。ただし少しでも疑問が入る余地があれば、なるべく早い段階で相手との関係を解消するべきです。

5.不倫の相手が運命の相手なのかを知りたい方へ

不倫だと分かっていても、時にそれが運命の相手なのではないかと思うこともあるでしょう。

そんな時には、その道のプロにみてもらい、決断のきっかけにしてみてはいかがでしょう。

麻恵エマの極視

極視とはあなたの未来を文字通り”視て”さらには、運命の相手を実際に描写してくれるというもの。

なんと、運命の相手の顔や年齢、職業まで分かるといいます。

業界最高レベルの電話占いサイトで殿堂入りするという驚愕の鑑定レベルで、今ではモデルやタレントからも依頼をもらっている人気占い師です。

実際に、あなたもその力を借りて運命の相手を”視て”もらうのはいかがでしょうか。

→ 麻恵エマの極視の解説はこちら

6.おわりに

不倫は自由恋愛と違って、「キレイに別れる」ことがとても難しい関係です。

なぜなら、不倫を続けるにしても辞めるにしても、恋愛意識以外の損得勘定が働くためです。

大人の恋愛が一時の気の迷いであるか、それとも一生を捧げる価値のものであるかは誰にも解りません。その愛情は、リスクが現実のものとなったときに初めて試されるのでしょう。しかし、そのリスクに負けたときに失うものの大きさは知っておきましょう。

この記事が不倫関係に悩む方、「もしかしたら本気になってしまったかもしれない」と感じている方の参考になれば幸いです。

Pocket