遠くの大切な人を安心させる、「遠隔ヒーリング」の簡単実践法

breathe

Pocket

遠くの人に想いを届けたい、幸福を祈りたいなど、他の誰かのために祈りをする人は多いでしょう。

遠隔ヒーリングは、そんな人たちのためには効果的なものです。遠くにいる誰かにエネルギーを送り、そこから様々な効果を引き起こすことが可能になっています。

今回は遠くの大切な人を安心させる「遠隔ヒーリング」の簡単実践法をご紹介していきます。

Feelフィール

1.遠隔ヒーリングって何?

1-1.遠隔ヒーリングを一言でいうと

遠隔ヒーリングとは、遠くの相手に向かってエネルギーを送ることを言います。

基本的には相手のことをイメージし、深く想うことで、離れた人にエネルギーを送ることができるのです。

例えば入院中の両親や、体調を崩している恋人、深刻な悩みを抱えた友人など自分が励ましたい、または元気を与えたいと思っている相手がいたとします。

しかし距離や時間のこともあり、なかなかその人のためにできることが、物理的には少なくなります。そんな相手に遠隔ヒーリングでエネルギーを飛ばし、プラスのパワーを与えることができるのです。

1-2.遠隔ヒーリングでできること

基本的には、通常不可能であることも、遠隔ヒーリングならできます。

まず、距離は超えることです。遠方に住む相手であっても、自分のエネルギーを飛ばすことができます。また、時間を超えることも可能であり、二つのことが可能になります。

一つ目は、宇宙にエネルギーを預けておき、オンタイムや時間指定でエネルギーを送れることです。

そしてもう一つは、過去や未来など、現在でない時間にもエネルギーを送ることが可能なのです。

1-3.遠隔ヒーリングの歴史

遠隔ヒーリングは、過去100年以上の歴史があります。

まず、遠隔ヒーリングの話をするときに、「霊気(レイキ)」の存在は切っても切り離せません。レイキヒーリングが、その根本にあります。

レイキヒーリングとは、エネルギー療法の一種として有名です。手のひらから「レイキ」というエネルギーを発し、それを相手の体に当てることで病などを治すことが可能と言われています。このレイキには科学的根拠は無いのですが、疑似科学の一つとして認められています。

そのレイキを使える人は、時間や空間を超えた、遠隔ヒーリングを使うことが可能になります。

1-4.遠隔ヒーリングの効果

精神面、肉体面、ともに良い効果を得ることができます。

肉体面では穏やかな精神が得られたり、ストレス軽減作用があったりすることから、肩こりや頭痛などに効果があると言われています。

内面では、精神が落ち着き、穏やかな気持ちになることができます。それによりストレスが減り、前向きに悩みなどにも向き合えるようになります。遠隔ヒーリングには魂の浄化作用があり、人をプラスに変化させていく力があります。

口コミで評判の当たる電話占い絆~kizuna~

2.相手別、遠隔ヒーリング実践法

原則として、遠隔ヒーリングは可能だと、信じることから始めてください。 人の心理には、いくつもの「先入観」があり、それが信じる心にブレーキをかけさせます。心がブレーキをかけた状態だとオーラがせきとめられ、物事がうまくいかなかったりします。まずはその事実を踏まえ、その上で遠隔ヒーリングを信じ、実践しましょう。

2-1.離れた友人・恋人へ

まず、準備物として、エネルギーを送りたい相手の名前と、住所を書いた紙を用意しましょう。

準備物はそれだけです。場所はできるだけリラックスできる、静かな場所にいるようにしてください。瞑想ができそうな場所がおすすめです。その上で、友人や恋人のことを思いながら、その紙を体のあちこちに当てたりして、自分のエネルギーを染み込ませながら送ると効果的です。

エネルギーを送るときは、「これから◯◯にエネルギーを送ります」と宣言し、エネルギーが自分から発せられるイメージを強く持ってください。そして相手に届くイメージを持つことも重要です。

恋人に関しては、うまくいっている人と、そうでない人によって分かれます。まず、上手くいっていない人に関してですが、自分のオーラを相手と同調させる必要があります。まずは相手にオーラを送り、自分のことを知ってもらいます。その上で相手のオーラを受け取り、その波長の乱れを修正していく必要があります。

上手くいっている人には逆に自分のオーラをどんどん送って構いません。相手も同じ気持ちなら、たくさんオーラを返してくれるでしょう。

2-2.実家の両親へ

準備物は、上記の物に加え、写真を用意してもいいでしょう。

家族写真などはおすすめです。ここでの注意点ですが、エネルギーを送るわけですから、基本的にそれは、プラスのものでなくてはなりません。相手のことを心配、不安などの気持ちばかりで送ってはいけません。

両親への感謝の気持ちや、これからの生活を支えていこうとする愛情のこもったエネルギーを送りましょう。だからこそ写真をじっと見て、愛情が溢れてくるまで待ってもいいでしょう。その上で相手へいつ送りたいか願い、送れるようにエネルギーを発しましょう。

2-3.すでに亡くなった方へ

写真に加え、思い出の品を用意するといいでしょう。その人が、恋人や家族などの非常に親しい間柄であったのなら、その人との思い出の地で遠隔ヒーリングを行うと効果的といえます。

亡くなった人を、できるだけ強くイメージしながら、自分の想いと、相手の想いに触れることが大切です。写真などで相手の具体的な顔立ちを改めてしっかり認識できたなら、今度は目を閉じ、相手の表情などもたくさん浮かべてみましょう。

あなたがその相手のことを、プラスの想いで願うほど、亡くなった人に想いは届きますし、またエネルギーも返ってくるでしょう。

2-4.過去の自分へ

エネルギーを送りたい過去の自分の、思い出の品と写真を用意しましょう。

辛い思いが過去にあり、それを癒したい場合は、自分ではなく、別の人に遠隔ヒーリングを頼んだ方が効果的かもしれません。自分のこととなると、不安感や先入観も増してしまい、なかなか効果が出ない可能性もあるからです。

自分でやる人は、まず心を落ち着かせます。その上で癒したい過去の事実(辛いことや悲しいこと、やり残して後悔していること、そしてそのときの自分)に向かって、エネルギーをとばします。過去の自分を癒すことができれば、現在抱えている悩みなども癒すことができます。

3.遠隔ヒーリングの受け取り方

受け取る時間がきたら、「◯◯からのヒーリングを受け取ります」と宣言しましょう。

基本的には、それだけでエネルギーを受け取ることができます。これは、エネルギーを預けていた場所から、自分のところに放っていい許可を与えることになります。

受け取る場所は、基本的にはどこでも構いませんが、可能であればできるだけ静かな場所で受け取ることをおすすめします。イライラしているときなども受け取らず、穏やかなときなど、心の準備ができたときに受け取るようにしましょう。

4.おわりに

遠隔ヒーリングは基本的に、目に見えないエネルギーを扱うことになります。

そのことから、遠隔ヒーリングを送る方も、受け取る方も、最初はそれが本当にあるのかなかなか信じることができません。

しかし送る方はゆっくりと時間をかけて、その存在をまずは信じてください。相手に害を及ぼそうとしているのではなく、相手の幸福を祈ってエネルギーを送るのですから、良いことばかりなのです。受け取る方も同じことが言えますが、エネルギーを体感できる人も、そうでない人もいます。

ただ、どんな人にもきちんとエネルギーは届くので、自分に届いたものを信じ、相手に感謝し、また自分も誰かにエネルギーを飛ばせれば理想です。目に見えるものだけがすべてではないことを認識し、楽しく、幸せな気持ちで遠隔ヒーリングを行いましょう。

Pocket

電話占いヴェルニ
ビーナスベッド