同棲からゴールインしたカップルを徹底調査! 同棲〜結婚のベストステップ

Cohabitation

Pocket

同棲とは、法的に婚姻していない男女が恋愛感情をもって共に生活することを言います。

親世代からはよく思われないことが多いものですが、それは「結婚が遠のくから、結局別れてしまうから」という考えが一般的になっているためです。

今回は同棲が結婚を遠ざけ、別れをよぶというのは本当なのか、結婚に近づくための同棲生活の始め方と、同棲から結婚にこぎつけたカップルが実践していたこと、そして同棲から結婚したカップルが心がけるべきことを解説します。

1.同棲すると結婚が遠のくってホント?

同棲すると結婚が遠のくことや、結局別れが近づくことは、場合によっては本当です。

理由は以下の2つが挙げられます。

1-1.互いの嫌な面が見えてしまう

coupleまず、生活を共にすると、お互いの嫌な面が見えてしまうことがあります。

その時すでに結婚していれば、法的な縛りのため別れることは難しいものです。しかし、恋愛感情だけで一緒に暮らしている男女には法的な責任はありません。婚姻関係の解消と比べると、いとも簡単に別れることができてしまいます。

人生経験豊富な親世代は、心が簡単に変わってしまうことをよく知っています。とくに、自分たちの心に迷いが生じた時に「結婚」という制度に絆を助けられた経験のある大人は、同棲生活の大変さを実は誰よりも知っており、子どもたちを心配しています。

1-2.居心地が良すぎて結婚する理由がなくなってしまう

rings互いの嫌な面を見せ合い、時には喧嘩しあって二人の仲を確かなものにできれば、甘い同棲生活が始まります。

朝から晩まで、夜も一緒に過ごせること、仕事から疲れて帰ってきたときに愛する恋人が家に居てくれることの幸福感はたまらないものです。

また、結婚しているわけでもないため、相手の家族や親族に儀礼的な気遣いをする必要もなく、目の前の相手だけを見ていられます。まさに同棲は「いいとこ取り」の生活と言えるでしょう。

同棲生活が快適すぎると、結婚が面倒なことに思えてきます。そのままダラダラと何年間も同棲を続け、結婚のタイミングを失ってしまいます。

2.同棲から結婚までのベストステップ

結婚の約束をせずに始める同棲は、ダラダラ続くものになりがちです。

同棲から結婚へはステップがあり、第一のステップは同棲開始以前に始まっています。

2-1.同棲を始めるなら結婚を前提に

contractまず、同棲を始める前に、互いに結婚の意思があるかは明確にしましょう。

どちらか片方に結婚願望があり、もう一方に結婚願望が無い場合は同棲をしてはいけません。結婚したい側がいくら尽くしても、相手にとっては便利な恋人に過ぎません。尽くせば尽くすほど、愛情が打算的に見え、楽しい同棲とは程遠いものになってしまいます。

同棲を始める前に結婚の話をするのが言いづらい関係であれば、同棲を始めたらもっと言いづらくなります。同棲が結婚の前準備であることは、必ず互いに確認しましょう。

2-2.同棲を始める前に両親に挨拶を

house同棲を始める前に、互いの両親に改めて挨拶をしましょう。

その際に「結婚準備のための同棲であること」を宣言します。

あくまで結婚の第1ステップとして同棲したいと考えていることを真摯に伝えましょう。子の幸せな結婚を望んでいる両親であれば、真剣な結婚の意思を伝える相手に対して「同棲なんて…」と無下に断ることはできません。

2-3.同棲生活のスタートと同時に結婚準備を始める

shoppingいざ同棲生活を始めると、慣れない生活に戸惑うかもしれません。

それでも、なるべく早く結婚の準備を始めましょう。当たり前のように、日常生活に結婚準備が組み込まれていればベストです。

とくに式場見学や指輪選びなどは、つい女性ばかりが先走って男性を戸惑わせてしまいがちです。男性側も興味を持つよう心がけたり、女性もたまには男性を自由にしてあげたりと、相手のペースを尊重しながら、2人に合った速度で結婚準備を進みましょう

3.同棲から結婚したカップルが実践していた4つのこと

いざ結婚を前提に同棲を始めても、うまくいかなくなってしまうカップルもいます。

同棲から結婚にこぎつけたカップルが実践していたコツを紹介します。

3-1.結婚を共通の目標にしている

wedding「明日の夕飯は焼き肉に行こう」「今度の週末は○○へ行こう」と同じように、例えば「来年の今頃に式を挙げよう」という結婚の目標を共有しています。

目標の共有ができていれば、美味しいお店を探そうとするのと同じように、2人に合う式場を探すことができます。

 

3-2.問題解決は2人でする

discussing同棲生活や結婚準備で何か問題が起きたときは、2人で話し合って問題解決をします。結婚して夫婦になるつもりであれば、周囲の友人や互いの親を介入させてはいけません。

たとえどんなに喧嘩をしたとしても、2人で決めた結論がその家庭のルールになります。

自分のわがままばかりを通すことは許されませんが、かといって過度な遠慮や我慢も禁物です。互いの常識や価値観、譲れない点をきちんと話し合い、2人なりの落としどころを見つけます。

3-3.過度なルール決めはしない

cooking同棲生活を始めた時点では、家事当番などの生活ルールをガチガチに決めるべきではありません。

家事のやりかたやこだわりは、生まれ育った家庭環境で身に付いた常識が第一になっているため、相手の常識を受け入れるのが難しくなりがちです。

最初にルールを決めすぎてしまうと、ルールにがんじがらめになって互いに息苦しさを感じることもあるでしょう。「何もしない夫」や「家事ハラ」など、家事が原因の諍いは結婚しても続くことが多いため、その時にひとつひとつ解決していくほうが良いものです。

3-4.同棲期限を決めている

calendar結婚前提で同棲を始めたからには、結婚しないことは同棲解消を意味します。

同棲生活をダラダラ続けないために、結婚の準備を継続するか、やはり結婚はせず、同棲解消して別れるかを見直すタイミングが必要です。一般的には半年から1年、長くても2年以内にその後の生活について話し合いましょう。

結婚しない男女はいつか別れて他人同士になる、という事実をしっかり認識しているカップルは、結婚と同じ重さで同棲解消をする覚悟も持っています。それだけ真剣に結婚を考えている男女であれば、ダラダラ同棲が続くことはありません。

4.同棲カップルが結婚後に心がけるべき2つのこと

結婚することをゴールインと言いますが、人生は結婚して終わるわけではありません。

むしろ、結婚から新しい人生が始まると言えます。

4-1.恋人時代と変わること

sign社会的に自分たちが一心同体になったことを自覚しましょう。

結婚したカップルは、互いの身元を証明する最重要人物となります。例えば相手が事故などで大怪我をしたときは、真っ先に配偶者であるあなたに連絡が来ます。手術の際も、配偶者であれば第一に立ち会うべき人物とされますが、結婚前は法的に他人となるため、原則的には立ち合い不可能です。

また、万が一離婚に至った場合、戸籍にはいわゆる「バツ」がつきます。これは、どんなに恋人時代に男女間でトラブルがあっても決して残らなかった、「法的な痕跡」です。自分のしたことが相手の人生に大きく影響すること、もはや他人では済まされなくなることは、恋人時代との大きな違いです。

4-2.恋人時代と変わらないこと

couple結婚しても2人のペースを守りましょう。結婚は家と家の結びつきとも言われます。

結婚によって家族や親族の干渉が強くなりますが、それらを全て真に受ける必要はありません。

できるかぎり問題解決は2人で話し合って行いましょう。自分の実家側の口出しは直接相手に伝わらないように、自分のところでガードします。とくに子どもや同居、金銭についてなどのデリケートで難しい問題は、親族の口出しに付き合ってはいけません。結婚したからといって、親の命令に従う義務はありません。どちらの家とも違う、2人の新しい家庭を築きましょう。

5.おわりに

以上、同棲から結婚までのステップと、結婚につながる同棲のための心掛けをご紹介しました。

入籍をすると、同棲生活とちがった楽しさがあります。たとえ付き合いが長くても、同棲生活をしていても、「紙切れ一枚」で法的に夫婦となった時の嬉しさは格別です。ぜひ本記事を参考に、幸せな結婚生活への第一ステップとしての同棲を始めてみてください。

Pocket