産後うつかも?と思ったら即確認|症状チェックリスト

down

Pocket

出産後にもやもやした気持ちや、重い気分を抱えてしまうお母さんはたくさんいます。

初めての育児に忙しく動き回る日々で、自分のリフレッシュする時間がなかなか取れず、それでも育児は頑張ろうと思うばかりに、産後うつになってしまう人がいます。マタニティブルーとも呼ばれ、育児も重なってより大変な日々になります。

今回はそんな産後うつを早めに発見し、改善に向けるための記事です。

1.産後うつ症状チェックリスト

以下に数多く当てはまる人は、一度病院での診察をおすすめします。

・イライラして落ち着かない
・性欲や睡眠欲がなくなる
・集中力がなくなる
・自分を責めてしまう
・孤独感を抱く
・肩こりが続く
・涙もろくなる
・趣味に興味が持てなくなる
・息切れ、めまいがする
・他人との交流が苦痛である
・食欲がない
・胃痛がある
・下痢や便秘の症状がある
・気分の高揚が激しい
・寝つきが悪い

2.産後うつについて

2-1.原因

産後うつの原因は、はっきりとわからないことが多いと言われています。

一説には、出産を境にして、女性ホルモンが減り、心身のバランスが崩れることが影響していると言われています。基本的には、それに加えていくつかの複合的要因もあります。

一つは、環境です。言葉が話せない赤ちゃんと、毎日一緒にいて、お世話をすることになります。数時間ごとに授乳があり、夜泣きなどからくる、睡眠不足も疲れる原因となります。

それらを完璧にこなそうとするお母さんほど、心身に大きな負担をかけてしまうことになるのです。

2-2.症状

多岐にわたります。ただ主たるものとしては、育児に自信がなくなったり、感情表現や判断力が低下したりします。

自信がなくなるというのは、症状の最たるものの一つで、きっちりやっているからこそ、うまくいかないことに落ち込んでしまうのです。そして自分はダメな母親だと強く認識してしまうと、産後うつにかかってしまいます。

また、忙しさから自分のことに制限をかけ、趣味に打ち込む時間すら削ったり、リラックスする時間も削ったりすることから、笑顔がなくなっていきます。そして赤ちゃんの世話が全てになってしまいます。

しかしそれは母子両方によくありません。育児は仕事ではないのですから、大変ながらも何とか楽しみを見つけ、赤ちゃんと笑顔で過ごすことが、大切になります。

2-3.発症するタイミング

出産から3ヶ月以内に発症する場合が多いです。

期間は人によってまちまちで、数週間から数ヶ月で終わる人もいれば、一年程度続く人もいます。基本は育児に慣れ、自分の日常にうまく食い込めれば解決するのですが、自信がなくなってしまうとなかなかうまくはいきません。

産後うつは個人差が強い ので、必ず医師やカウンセラーのアドバイスを聞き、治療期間や解決法を明確にすることが必要です。

2-4.男性の産後うつ

近年は、男性の産後うつも増えてきていますので、紹介しておきます。

これは、特に若いカップルの男性には起きやすいと言われています。原因としては、父親になるというプレッシャーが一つの要因になっています。一家の大黒柱として家計を支えていかなければいけないという思いから、今まで以上に仕事で自分にかける重圧が強くなるのです。

また男性は、自分の中に抱え込んでしまう人も多く、悩みを打ち明けられずにうつになってしまう人も多いようです。男性の場合は、慣れない育児に強いストレスを感じてしまうことから、育児うつともいえます。

男性の育児うつは、子ども教育に悪いとも言われており、その言動などが、子どもに悪影響を与えてしまう場合があります。そうなってしまえば、せっかく頑張っている育児も台無しなので、妻が早期発見できれば、通院をすすめましょう。

男性は結婚の前に、育児のことについての知識を事前に増やしておくことも、大切でしょう。

3.産後うつの解決策

3-1.考え方

自分を責めないことが大切です。

産後うつにかかる人は、真面目で一生懸命な人が多いです。そういう人はできない自分を責めがちですが、なんでも完璧にやろうとする必要はないのです。

育児にまったく苦労しなかったお母さんなど一人もいないはずです。みんなが悩み、一生懸命やってきたはずですが、完璧だった人なんてなかなかいません。できなくて当然だと、一種良い意味でのあきらめを持つことも大切です。

自分を追い詰めて育児をしなくても、愛情を持っていれば赤ちゃんにはきっと伝わっていますし、どうせなら、楽しかったなと思える毎日にしましょう。

3-2.夫や家族の理解とサポート

育児の主役はお母さんになるのかもしれませんが、決して一人だけでやるものではありません。

周りをむしろ頼り、みんなで協力しながらすることが大切です。

それこそ週末など、時間がある時は、夫が積極的に育児をしましょう。週末だけでもリラックスする時間があれば、お母さんの心は楽になります。

また、どちらも忙しい家庭であれば、両親たちに相談しましょう。両親たちはむしろ孫に会いたいと思っているはずで、大きな助けになってくれるはずです。

夫や家族は、お母さんの大変さに理解を示し、よく話を聞いてあげることが大切です。頑張るお母さんほど、なかなか自分から休みたいとは言い出せません。そんなお母さんだからこそ、こちらから積極的にサポートしなくてはいけないのです。間違ってもやってはいけないのが、頑張れなどと励ますことです。今の時点で、かなり頑張っている人には酷な言葉になります。

ちゃんと睡眠をとっているか、カウンセリングを受けているかなどの心理的な側面を、家族が把握しておく必要があります。

3-3.医師・助産師・カウンセラーへの相談

産後うつを早く治すためにも、治療は必須です。

産後うつは、医師のアドバイスや薬を通して改善していきます。もしも医師等のアドバイスをまったく聞かない場合、うつが慢性的なものになってしまいます。長期にわたってかかればかかるほど、完治する期間が延びてしまいます。

近くに医師・助産師・カウンセラーがいる人は、必ずアドバイスを聞くようにしましょう。もしもお母さんが自ら行かないのなら、夫や家族が、無理にでも連れていく必要があります。

3-4.通院・薬

薬は、抗うつ剤を使用します。

これは比較的副作用の少ないものが処方されます。また精神安定剤などを処方される場合もあります。授乳中など、胎児に影響が出る場合は、基本的に処方が避けられますが、医師によってはその期間であっても処方する場合があります。必ず理由がありますので、使用法など詳細を、夫も一緒になって細かく聞いておく必要があります。

育児でなかなか時間が取れなくても、定期的に通院することが大切です。産後うつは、多くのお母さんがかかっています。それだけに前例や症状の幅も広く、医療機関は専門の知識や対処法を持っています。

先生のアドバイスをよく聞き、医師と協力しながら改善していくことが大切です。

4.おわりに

産後うつは、一人で改善するものではありません。

必ず家族一緒になって、うつと戦っていく必要があります。産後うつになってしまうお母さんの中には育児本などをよく読み、勉強熱心な人もいます。

しかし育児本は、万人に向けて書かれたものであって、子ども一人一人に対応できるものではありません。育児本から学んだことを実践してうまくいかなかったとしても、当然のことと思いましょう。

そして、自分の子どもは、自分しか育てられないということを認識し、産後うつに打ち勝ち、楽しい育児をしていきましょう。

Pocket