パワーストーン辞典|相性のいい組み合わせ・悪い組み合わせ

shutterstock_331606829

Pocket

パワーストーンは、豊富な色や独特の光沢があり、アクセサリーとしても人気です。けれどもパワーストーンの魅力は、きれいでオシャレなだけではありません。

それぞれの石に固有の力を秘めており、持ち主を高めてくれるエネルギーを持っています。

そして、相性が良い組み合わせにすることで、さらに大きな効果を発揮してくれます。

そこで今回は、パワーストーンの相性が良い組み合わせや悪い組み合わせなど、パワーストーンに関する情報をご紹介します。

1.パワーストーン同士の相性とは?

パワーストーンにはその一つひとつに意味や、効果・効能があります。

それぞれの石単体としてももちろん効果がありますが、固有の効能を上手く組み合わせることで、相乗効果を生んだり、特定の運気を上げたりすることができ、その力がさらに有効なものへと高められます。

以下に石同士の相性が良い組み合わせ、悪い組み合わせをそれぞれご紹介しますので、パワーストーン選びの参考にしてみてください。

2.運勢をアップさせる組み合わせ

2-1.恋愛運をアップさせる組み合わせ

「恋人が欲しい!」と良縁を望む人におすすめなのは、希望を得る石と言われるペリドットと、チャンスを生み出す石と言われるシトリンの組み合わせです。

結婚相手と出会いたい人は、恋の実りを得るガーネットと精神的な満足を得るロードライトガーネットの組み合わせにすれば、心から相手との関係を満足できるようなパートナーを引き寄せてくれます。

また、パートナーの石であるブルームーンストーンと基盤を作る石であるホワイトカルセドニーの組み合わせもおすすめで、強い絆で結ばれたパートナーを引き寄せることができます。

今の恋人と安定した関係を望む人は、誠実な恋のアメジストとバランスを保つアメトリンの組み合わせがおすすめです。また、穏やかな関係を作る翡翠と魔よけのターコイズの組み合わせも、2人に平穏な関係をもたらしてくれます。

一度別れた恋人をどうしてもあきらめきれない人は、魅力アップのルチルクォーツと回復のレモン水晶の組み合わせを試してみましょう。相手の心をもう一度自分に振り向かせ、関係を修復する効果をもたらします。

2-2.金運をアップさせる組み合わせ

優柔不断や鈍い性格のためにお金をつかむ幸運を逃している人には、精神と肉体の調和を図るアパタイトと幸運を呼びよせるアマゾナイトの組み合わせがベストです。ひらめきや洞察力を養ってくれます。

チャンスをつかむことができずにいつもお金がなくてイライラしているという人には、アメジストとシトリンクォーツの組み合わせがおすすめです。アメジストが不安やイライラを解消し、シトリンクォーツが金運をもたらしつつ、頭をすっきりとクリアにしてくれるため、お金に関して的確な判断ができるようになります。

また、例えばギャンブルなど、大金を得るための大勝負に出るような場合は、機転を利かすタイガーアイと平常心のアンバー、幸運のアマゾナイトの組み合わせが最適です。この組み合わせは、昇進試験などの仕事に関する事柄のお守りとしても使えます。

2-3.健康運をアップさせる組み合わせ

疲れや緊張から解放され、体内のエネルギーバランスを正常に整えたい人には、得を高めてくれる翡翠と、癒し・浄化の効果があるアベンチュリン(インド翡翠)の組み合わせがおすすめです。

癒しのエネルギーによって、幸福を感じやすい体質に変えてくれます。特に、ピリピリとした緊張感が苦手な人に効果的です。

2-4.対人運をアップさせる組み合わせ

積極的に人とコミュニケーションをとることによって良好な人間関係を築きたい人は、コミュニケーションを良くするアクアマリンと運の流れが良くなるフローライトの組み合わせによって、より円滑にコミュニケーションを進めることができます。

また、少数でもしっかりとした深い信頼関係が築ける人を呼び寄せたければ、明るいエネルギーの石であるアラゴナイトと、人との絆を深めてくれるピンクカルセドニの組み合わせがベストです。身に着ける人の存在感を高め、必要な人とのつながりが強化されます。

3.相性が悪い組み合わせ

さまざまな考え方がありますが、基本的には、石同士の組み合わせに悪い組み合わせはありません。石同士の組み合わせよりも、石と持ち主との相性が重要になります。

けれども、強い効果があるゆえに少しクセがある石の場合、他の石とは組み合わせない方が良い場合もあります。

例えば、夢を実現する効能を持っているガーネットは、持ち主に永遠の忠誠を誓う石と言われるほど、強い力を持っています。そのため、持ち主が他の石に心移りすることを嫌い、他の石と組み合わせて身に着けると、他の石に嫉妬して自分が本来持っているはずの力を出さなくなります。

その他、効能として全く反対の力やお互いの良いところを打ち消し合うような力を持つ石同士の場合も、相性の良い組み合わせとは言えないかもしれません。とはいえ、そのような相性の悪さも、どのような石と組み合わせても相手の力を増幅させる万能性を持つ、クリスタル(水晶)と組み合わせることで解消されると言えます。

4.自分に合ったパワーストーンの選び方

4-1.直感的に選ぶ

これはパワーストーンを選ぶ際の基準として最も大切にしてほしいことです。

相性が良い・悪いに関わらず、あなたが直感的に「これだ!」と思った石が、あなたにとって最も相性が良い石です。なぜなら、あなたが先入観なく素直に欲しいと感じた石であれば、その石と自分の波長が合っていると言えるからです。

そんなにはっきりとした思いではなくても、「なんとなく目が行ってしまう」「きれいだと魅力を感じる」くらいの感覚で十分です。自分と波長が合っている石で、さらにその石を好きになることができれば、持ち主の想いが伝わり、石はさらに大きな力を発揮します。

まずは効果・効能、石の意味などは考えず、自分の感性を大事にして石を選び、大切にしてあげてください。

4-2.得たい効能で選ぶ

パワーストーンに興味を持ってショップに行ってみたけれど、なんとなくビビッとくるものがなかった、という人もいると思います。

そのような人は、それぞれの石が持つ効能で選ぶ方法もあります。その際は、石同士の力が衝突しないように、自分の叶えたい願いは1つに絞る方が無難です。

石が持つ意味や効果・効能については自分で調べることもできますが、組み合わせの良し悪しが気になる人は、パワーストーンを熟知している専門ショップの人や占い師などに選んでもらうと良いでしょう。

4-3.誕生月や生まれ年(十二支)で選ぶ

もっと簡単に自分に合った石を見つけたいという人は、自分の誕生日や生まれた年の十二支から、自分に合う石を探すことができます。

あなたがこの世に生を受けた特別な日と関連が深いパワーストーンは、あなたの良いところを伸ばし、悪いところを浄化してくれます。

誕生月と相性が良いパワーストーン

【1月】ガーネット
【2月】アメジスト
【3月】アクアマリン
【4月】ダイヤモンド
【5月】エメラルド
【6月】パール
【7月】ルビー
【8月】ペリドット
【9月】ブルーサファイア
【10月】トルマリン、オパール
【11月】トパーズ
【12月】ターコイズ

生まれ年(十二支)と相性が良いパワーストーン

【子】アンバー(琥珀)、トパーズ
【牛】ムーンストーン、パール
【寅】タイガーアイ
【卯】ジェイド、エメラルド
【辰】カーネリアン、ガーネット
【巳】オニキス、ヘマタイト
【午】ルビー、オニキス
【未】ロードクロサイト、紅珊瑚
【申】水晶、オパール
【酉】シトリン、トパーズ
【戌】ラピスラズリ、サファイア
【亥】ローズクォーツ、ルビー

5.おわりに

今回ご紹介できなかったパワーストーンの他にも、素敵な色や効能を持つものがたくさんあります。

代表的な石についてある程度の知識を持っておくと、自分で組み合わせを選びながらオリジナルのアクセサリーを作ることもでき、楽しみが広がるでしょう。

ぜひ参考にしていただき、自分にぴったりのパワーストーンを見つけてください。

Pocket