運が悪い人は科学的に存在する!運をよくするための7つの方法

shame

Pocket

ついていないことが続くと、人は自分のことを運が悪いと思います。

自分は運が悪いから仕方ないのだと、諦めた思考になってしまう人も多いでしょう。

しかしながら実は、運が悪い人は科学的に存在するのです。運が良い人と悪い人、両方の共通点も発見されています。今、運が悪いと思っている人も、実は今日からすぐに行動できることで、運を好転させることができるかもしれません。

今回はそんな、運をよくするための方法を紹介していきます。

1.運が悪いってどういうこと?

具体的に、運が悪いというのは、どういうことなのでしょうか。

ここでは運が悪い人の共通点や、変わる方法をご紹介します。

1-1.運が悪い人は存在する

運が悪い人については、科学的に検証された例があります。

イギリス出身の、リチャード・ワイズマン博士は、イギリスで大規模な、ある調査を行いました。それは自分で運が良い、もしくは悪いと思っている人たちを集めて、人々の考え方や行動を追跡するというものです。

ワイズマン博士の有名な実験で、コーヒーショップを舞台にしたものがあります。これはごく簡単な実験で、運の良い人と悪い人に、あるコーヒーショップで、コーヒーを買って飲んでもらうというものです。しかし博士は二つの仕掛けを用意します。一つは道にお金を置いておくこと、もう一つは、被験者の隣に実業家を座らせることです。

運の良い人は、道のポンド札に気がつき、かつ隣に座った実業家の人と話をして意気投合し、連絡先まで交換します。しかし運の悪い人はポンド札にも、実業家にも気付かずに終わってしまうのです。

ではどうして運の良い人と悪い人でこんなにも結果が違ったのでしょうか。ワイズマン博士は、運の悪い人が存在する原因を見つけ出しました。

1-2.運が悪い人の共通点

運が悪い人の共通点はいくつかありますが、最も大きな共通点として「否定」の精神になってしまっていることがあげられます。

「どうせ自分なんか」と思うことや、「それは意味のないことだ」と目の前のことを否定する傾向にあるようです。これは、せっかく現れた可能性すらも理由をつけて否定してしまい、自らチャンスを絶ってしまうことにつながります。

事実、運の良い人は、幸運を手にいれるために(本人たちは、無意識にですが)行動を重ねているのです。それが運の悪い人は明らかに少ないという実験結果になりました。

また運の悪い人は、良い人に比べて、内向的で人付き合いも悪い傾向にあるとされています。内向的だと新しい人と出会う可能性に制限がかかり、その分チャンスも減ります。また、人と話して笑顔になる数も減るので、その分、幸福度も下がってしまいます。

2.運がいい人になるための7つの方法

2-1.物事をポジティブにとらえる

物事を肯定的に捉えることは、運をよくするための大切な秘訣です。

例えば、宝くじなどの懸賞に応募する回数も、運の良い人の方が圧倒的に多いという結果が、ワイズマン博士の実験で出ています。応募をするということは、あたりまえですが当選の確率を自分であげることになります。

成功の確率を自分であげるには、行動することが一番いいのです。加えて運の良い人は、宝くじに応募をするという、行為そのものを楽しんでいます。だから当たらなかったとしてもがっかりなどしません。宝くじに応募すれば、毎日がワクワクします。そうやって宝くじだけではなく、日常の些細なことに楽しみを見出せることが、運の良さにつながっていくのです。

運の良い人の多くが、つまらないことほど、全力でやる傾向にあります。つまらないことすらもポジティブに面白さを見つけ、楽しむことで、結果周囲の人の評価もあがるのです。

2-2.笑顔になる

常に笑顔でいる人の周りには、同じように明るい人たちがいます。

笑顔は人を引き寄せる魔法だと言っても、過言ではありません。誰が相手であっても笑顔で話すことで、交友関係が広がります。特に異業種交流パーティーなど、知らない人と出会う場所であればあるほど、笑顔が人と話すきっかけになります。

人との出会いは、自分の可能性を大きく広げてくれます。新しいことを知れたり、ビジネスのチャンスが広がったりするかもしれません。飲み友達ができたり、社会人サークルに誘われたりということもあるでしょう。むすっとしている人を、誘う人はあまりいませんが、明るい人なら、誘ってみたい、話してみたいと思うのが人の性なのです。

2-3.行動する

自分が気になったことややりたいことがあるなら、臆さずに、どんどん挑戦してみましょう。

これはうまくいくかどうかはさしたる問題ではありません。行動して、可能性を広げたり、成功の確率を増やしたりすることが大切なのです。

運の良い人は、そうして新しいことを楽しもうという精神を持っています。それはビジネスでも大きく活きることになります。成功者の多くが、身につけた知識や技術を、自分なりの方法で改良したりしています。そして彼らの多くが、そういった行動を、心から楽しんでいるのです。

2-4.自分を大切にする

自分を大切にすることは、自分の価値観を大切にするということです。自分を認めてあげることができれば、気持ちに余裕が生まれます。運の良い人の多くは、自分のことを好きですし、顔や学歴などその他小さなことで劣等感を抱いていません。

人は基本的に、自分が気持ちの良い行動をとる生き物です。自分が好きな人は、自分の好きな行動を率先してとります。それは社会貢献活動、人助けなどにも広がり、結果として、周りからも良い目でみられるのです。自分を大切にし、認めてあげることが、結果として周りの評価にもつながるのです。

2-5.悪口、陰口は言わない

運の良い人は、自分から悪循環に入っていきません。

つまり、トラブルは未然に回避しているのです。人の噂話に乗って、悪口や陰口を言っていると、どこかで歪曲して伝えられる可能性があります。事実とは違ったとしても、当事者がそれを聞いてしまえば、不快になるでしょうし、その人からの評価は地に落ちるでしょう。

口は災いのもととはよく言ったもので、悪口や陰口がそのまま、運の悪さにつながっていきます。

2-6.成功者の真似をする、行動する

とにかく真似をしてみることも、自分の可能性を広げることにつながります。

ビジネス書などでも、成功者の行動や秘訣が多く乗っていますが、それを読んだだけで、満足してしまう人はたくさんいます。

成功者はなぜ成功したのでしょうか。もちろん、それらの行動を毎日ないし、定期的に続けていたからです。つまり成功者と同じことをしていれば、少なくとも自分の大きな成長につながることは間違いないのです。

運の良い人は自己成長につながる行動も、楽しみながらやります。自分を成長させることはそれだけ視点を増やすことでもあり、またその視点から見た新しい出会いを増やすことでもあるのです。

2-7.思考の時間を見つける

思考の大切さを知ることです。運の良い人は、常に行動ばかりしているわけではありません。

自分なりの、リラックスする時間を持っています。

落ち着いた時間は、心の休息にもつながります。何かしらの不安がある人は、そこで不安を除去する方法を考えています。結論が出れば、心が休まります。また、成功するイメージなどを考えることも大切です。成功するイメージが明確になれば、それに伴う行動も明確になるからです。

思考の時間を、意識的に増やしていきましょう。

3.運を味方につけている著名人の言葉

3-1.「失敗は人生において、避けることはできません。まったく失敗しないようにするためには、常に逃げ腰になって、こっそり生きるしかありません。でもそんな人生など、始めから失敗です」

ハリー・ポッターの作者として有名な、J・K・ローリングさんの言葉です。

彼女のサクセスストーリーは、今やハリー・ポッターと同じくらい、有名です。母親の死や、離婚を経験し、ハリー・ポッターを出版するまでには、長い月日をかけます。

彼女は、自分の離婚を最大の失敗だったと述べながらも、自分を解放させた良い機会だったとも述べています。失敗を肯定的に捉えることが、彼女が成功した要因の一つなのかもしれません。

彼女は生活保護を受け、自殺まで考えていた時期もありました。うつ病にまでなり、負のループと言っても良い状況の中でも、自分の本を出版してくれる会社を探し続けます。普通なら一社に断られただけで、やめてしまおうと思う人が大半です。しかし彼女のそんな可能性を増やす行動が、成功につながったのです。

今や豊かな富と、社会貢献活動などにも尽力するまでになったローリングさんは、まさに運を自ら味方にした人と言えるでしょう。

3-2.「自分の外見なんて気にしない。いかに自分の内面が満たされているか、それが大切」

世界的な俳優であり、スターでもあるアンジェリーナ・ジョリーさんの言葉です。

青春時代に精神病や、父との絶縁など、過酷な日々をおくった経験があることは、有名な話です。そんな大変だった経験を持ちながらも、大きな成功と、素晴らしいパートナー、そして幸せをつかみます。彼女は慈善活動や、養子縁組にも積極的に取り組んでいます。

そんな彼女は物事を正面から見つめ、俳優としても一人の人間としても全力で行動しています。養子としてアフリカ、アジアから子どもを迎えたり、世界の状況や悲惨な歴史を知って、自らメガホンをとったりと、精力的に活動しています。

いつでも問題に全力でぶつかっていく姿に、幸運もついていくのでしょう。

4.おわりに

運が悪い人はまず、自分はこれから運が良い人に変われるのだという幸運を、実感するところから始めましょう。

今回紹介した方法、全てを試すことができなくてもいいのです。物事を楽観的に捉え、自分ができるところから、ゆっくりはじめていけばいいのです。気がつけば、自分の運が、好転し始めているかもしれません。

まずは自分を変えるところから始め、幸運をつかんでいきましょう。

Pocket